<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

チューリップと松葉ギク2018/04/09

チューリップとマツバギク
エドモンダンテス(モンテクリスト伯爵)と言えば、日本では「巌窟王」として翻訳されたアレクサンドル・(大)デュマの小説ですね。少年少女時代に読んだ人も多いのではないかと思います。無実の罪で刑務所に入れられ、同獄の神父の助けを得て脱獄し復讐を図る物語です。

その物語のロケがこのほど天王さんの屋敷で行われ、何回かの撮影があって昨日クランクアップした話をご主人から聞くことが出来ました。このロケはフジテレビの10回にわたる続き物の2回分だそうです。

この天王さんの屋敷では主人公が生まれ育ってゆくところが描かれているそうで、その後の話の展開は別の場所に移るということでした。ちなみに、放映は早くも今月の19日(木)22時です。日本を舞台にした「巌窟王」がどんな物語になるか面白そうですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
山に登るのは
そこに ? があるから (答えは 山 )

コメント:

トラックバック