<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

迂回路を行く2019/11/03

赤川橋で白田川を渡り、そのまま直進して迂回路に入ります。きょうは「花いっぱい温泉」に寄ってゆっくりした後、白田からバスで帰宅の予定でしたが、意地を張って最後まで歩き通すことにしました。時刻もまだ14時半です。

 

水道の中継所から始まります。

 

            この小屋の入口脇に腰の神様

.

標識の左の踏み跡を辿って風車の丘のグライダー基地に上がったことがありました 

                そして第2中継所

.

    最初にグライダー基地へ向かったのはこの石段からでした 

.

                 今年も苗木に網が

                   大倉橋

         つづいて第2ハンノキ沢橋、第1ハンノキ沢橋

.

                  新白田トンネル

.

                   保育園

この後はクロカンコースのベンチで休憩してから「いろは坂」を下って帰宅。マップで測ってみたら、赤川橋まで約5キロ、迂回路からが約7キロで合計12キロ歩いたことが分かりました。10年前は何でもなかったコースですが。

 

 

 

コメント

_ 岬石 ― 2019/11/04 04:23

赤川橋が終点だと思ってコメントしましたが、まだ7キロも道路とはいえ山道を上り下りしたのですね。あらためて、感心しました。赤川橋で、意地を張ったところが、見習うべきポイントですね。

_ inada ― 2019/11/04 06:46

実は、長い迂回路に入ったあとにもくじけなかったのには理由があります。水道の中継所を過ぎた辺りで保育園のマイクロバスが上から下りて来るのに出会いました。理事長先生の運転で園児を送ってゆくところでした。手を振って別れてから、もう一つ気合が入ったのです。
結果、バスが戻って追いつかれる前に私の方が一歩先んじることが出来ました。お蔭で疲労感も吹っ飛び、上機嫌で帰宅できた次第です。

_ 岬石 ― 2019/11/05 06:38

道の途中で、美しい風景、善き物、善き出来事に出遭うと元気になりますね。inadaさんの、アップしたこのブログも私を元気にしました。

_ inada ― 2019/11/05 10:30

伊豆は云うまでもなく自然が豊かな所で、しかも身近に触れることが出来るのが最大の魅力ですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
山に登るのは
そこに ? があるから (答えは 山 )

コメント:

トラックバック