<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

伊雄山 22019/11/07

大川公民館バス停を出発したのが920分。大川橋ではまだ工事が終わっていませんでした。よく見ると橋そのものの工事ではなく、道路際の手すりの新設でした。ガードレールではなく、もっと頑丈な鉄製の柵を設けているようです。旧国道でしたから、さすがにコンクリート製の柵でしたが、大分老朽化して中には一部が欠落している所もあります。現国道とは違って旧道は高い位置の山裾を走っているため、道を外したら断崖絶壁を転落するのは目に見えています。八幡野で現国道に合流するまでの全体を見据えた対策を是非実施して欲しいですね。この道は現国道135号の迂回路の意味もあるのですから。

 

さて、隣人との会話に夢中になっている間に別荘地が見えてまいりました。先ずは東伊豆町の外れ、向山の小松別荘地の入口をパスし伊東市に入ると赤沢です。間もなく恒陽台赤沢別荘地入口の前を通過しました。この時点で私には、次の別荘地の入口が伊雄山入山地点だという思い込みがありました。

 

           <赤沢の保養施設等が見えます>

途中、旧国道から所々で様々な景観を楽しみました。このあいだの連続した台風の被害はこの沿道にも及んだようで、各所で倒木の伐採作業が進み、その結果、見通しが良くなった所が増えたということでしょう。それから、“龍神桜”と名付けられた桜の古木が4年前にこの世に出たというのには驚きました。「巨樹と植生を守る会」の、多分、会員の方が発見したと思われます。この4年間の桜の時期にここを通過した人は何度かこの桜を見ているはずです。樹齢350年のオオシマザクラだそうです。

  根回りは4メートルくらいはありそう 看板には幹回りが9.7mとある

 

そんなこんなで間もなく次の別荘地入口に到着し、何のためらいもなく入口の近くの事務所に向かいました。ところが、入口は閉ざされて張り紙がしてありました。事務所がクロウズした知らせです。移転先はどこか?近くの別荘地内の大きな看板の案内図を見たら、事務所の場所が載っていました。だいぶ上にあります。とにかく出発です。

 

そもそも、目的の山、伊雄山は別荘地内にあるため管理事務所の許可が必要でした。過去二度とも入山の届け出をして、用意されているマップを頂いた上で往復しておりました。とりあえずは管理事務所を訪ねなければなりません。管理事務所までは別荘地内のメインルートを歩いて容易にたどり着けました。しかし、そこまで入口からちょうど1時間が経っていました。

 

管理事務所はホテルのような立派な建物でした。庭先にはプールあり遊園地ありの立派な施設がそろっています。玄関ドアを開けて目の前のカウンターに寄ると、横の部屋から若い女性が応対に現れました。早速、許可を求めると、キョトンとした顔で話が通じない様子です。部屋に戻った女性からバトンを受けて男性が現れました。この現在の管理事務所はホテルだったのを閉鎖した後に事務所にしたものだが、下から移転したものではないと言います。

 

男性は詳細な地図帳を出して現在地を提示しながら、結局、別荘地は赤沢で同じだが、ここは恒陽台赤沢別荘地であって、伊雄山があるのは隣の名鉄赤沢別荘地であると言う結論を出してくれました。私の用意したマップは名鉄の名が欠落した国土地理院のマップでした。しかし、それよりも2度も登った実績が頭にあって、基本的な準備を欠いた責任が私にありました。管理事務所の方には迷惑をかけました。付き合ってくれた隣人にも詫びを入れなければなりません。

 

旧道入口に戻るのにも50分を要しました。仕切り直しです。




伊雄山 32019/11/08

.

恒陽台別荘地から10分くらい歩いたでしょうか、だいぶ歩いたなと思われたころ、ようやく名鉄赤沢別荘地入口に着きました。管理事務所らしき建物が少し先に見えます。私の記憶から程遠い立派な建物でした。しかも平屋だと思っていたのに2階建てでした。ところが、近づいてみると、本日定休日の看板が下がっているではありませんか!

 

管理事務所での許可を求めて歩き廻った2時間弱が全くの徒労に終わりました。しかし気を取り直して、それではと上を目指して歩き始めました。上りのつらい1時間が始まりました。既に足の筋肉が悲鳴を上げ始めています。近くにあったベンチでひと休み、水分の補給です。 


別荘地内は先の恒陽台と同じように迷路のような道路を行きます。果たしてかなり高度を稼いで伊雄神社を確認した後に選択した道はついにストップ。このまま突き進めば、道なき道ながら高見を目指せば山頂に行き着くとはわかっていても、今回は最後までコンクリートの道を歩き通すつもりでしたので、少し戻って左手の長い石段を上ってまた車道に出ました。

 

迷路の中では持参したマップ上で現在地を確認するのが難しく、とにかく上を目指すしかありません。単車を傍に置いて水道かガスかの計測をしていた職員の方がいたので聞いてみると、展望台の標識がこの先にあると教えてくれました。結局、その先を辿って無事山頂に到着出来たのでした。思えば、別荘地内の各戸には大きな字で区画番号の標識が立っていましたが、過去2回、順調に山頂に到達出来たのは、その番号が書かれたマップを手にしていたからだと納得しても既に遅し。詰まり、今回は管理事務所がキーワードのハイキングだったのであります。

 

 

山頂からは黄緑色のお椀を伏せたような大室山が目の前に、その裾野に広がる伊豆高原別荘地、そして市内。青い海。それより西側の北北西にあの“ゲンコツ山”(矢筈山)も久し振り。

             

山頂の風景を4枚載せます

.

.

 

山頂手前には高度を上げるごとに計3カ所ほどベンチが用意され、それぞれ展望を楽しめます。過去2回の寂しい山頂も一変していたのには驚きました。山頂の三角点は三等三角点と辛くも読み取れました。

 

首尾よく山頂を踏むことが出来ましたが、旧道に下山してから帰りのバスの時刻が迫って来て、最後には12分を争う事態になり、駆け足でやっと出発時間前にバス停到着。もう足が棒のようになっていました。超低山歩きも、場合によっては難行ともなることを肝に銘じた次第です。




黒根のゾレ2019/11/10

黒根

黒根を通って一周してきたと言ったら、ゴミは散らかってなかったかと問われ、最近はトイレ周り等、まあまあだと答えました。10年前は空き缶だの紙などで汚らしかったが、空き缶用のゴミ箱が撤去されてから、少なくとも表側はきれいになっています。

ちょうどよい機会なので私の方から質問しました。黒根の釣り場の一つ、ゾレとはどういう意味か? すると、彼は知らないなあと言って、次のような話を聞かせてくれました。

「黒根にはいろんな名前が付いててね。どうしてそんな名が付いたんかわからないまま、そこで遊んだり、その名を呼び合ったり、使ったりしたもんだよ。まあ、昔から言われてきた言葉をなぞっているようなもんでね。それが互いに通じればね、分かればいいんでね。
昔はあそこの大石、小石の、向イ寄りのほうの沖合でイワガキが獲れたんですよ。そこは『フジヤマ』と名が付いてた。浅瀬でね。大きなカキだった。何でそんな名が付いたか、それこそ想像力をウンと働かせないと説明できない」

「フジヤマ」2019/11/11

きのうの大島
<黒根橋より>
黒根の大石、小石の近くで磯からちょっと離れた沖合に「フジヤマ」と名付けられた“シマ”があって、イワガキがよく獲れたと言うきのうのお話。折角ですから、私も乏しい想像力を捻出してみました。

一つは、そんな凄い“シマ”はそれこそ何にも増して“お宝もの”ではありませんか。ヨー日本一!と声をかけたくなりますね。そこで、日本一の山、富士山が登場するわけです。ご当地は静岡県ですからね。そして誰彼となくそこを「フジヤマ」と呼ぶようになった。

もうひとつ。先取特権と言う法律用語がありますね。簡単に言えば、自分の持っている債権などの権利を他の人より優先的に行使できる権利です。つまり、この「ふじやま」については何らかの条件のもとでその“シマ”を優先的に利用する権利が或る人に有った。その人の名が「フジヤマ」さん、だったと言うわけです。まあ、俗に言えば、「オレんだ、オレんだ」(俺のものだ)と言ってるようなもんです。

なあーんだ、その程度の“想像力”か、なんて言わないで下さいヨ。今朝は寝覚めが悪かったものですから。文句あるんだったら(失礼!)コメントしてくれませんか。出来れば本当の由来をおしえてほしいのですが、想像力でコメントも大歓迎!

今年の紅葉は2019/11/12

テレビで行楽地の様子を見ると、例年より紅葉が遅れている感じです。今年の夏は酷暑が続いた上に台風や大雨などの被害が重なったためだろうというのが大方の見解です。

 

昨日、クリーンセンターの裏側の空き地で数人の職員やら作業員の方々が作業をしているのを見ました。この秋に続いた台風被害による木の枝などの粗大ゴミが空き地の奥の方に山になっています。多分この撤去・処理が始まったのでしょう。

 

ふれあいの森の展望台下の広場ではイロハモミジなどが薄汚く枯れ始めているのに気が付きました。そのうちに落葉するような感じです。ユリノキの葉も落葉が少し始まっていました。こちらのは黄葉ですが、思い込みのせいか、やはり見栄えが例年より少し劣っているように見えます。

         サクラの広場で芝刈りが始まっていました

.

そう言えばユリの木の、あの白い大きめの花をここずっと見ていない気がします。来年の春はヤマハンノキHWのツチアケビとともに宿題になりました。

ユリノキ

                       ユリノキ