<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

白田峠越えのその後2020/05/01


<バス待ちの間、食堂「いそべ」の駐車場からカグラ石>

旧稲取灯台がある白田峠を越えて白田に通じる峠路(東浦路、旧下田街道)がその後どんな状況にあるか、ちょっと見てまいりました。2月初旬に歩いた時とどう変わっているか、4月にはかなりの強風が2度3度吹き荒れたので気になっていました。

以前、ブランコがぶら下がっていた木の裏から荒れた状態が始まっているのは前回と同じ。切通しがある"拝みの坂"辺りから倒木等が道をふさぎます。ほぼ同じような状態ですが、ところどころで前回とは違ったコース取りをしました。なるべく、少しでも安易な道を辿るというのが私のいつもの山歩きの方針です。ですから、幾分前回とは変わった部分があったということです。

細部については明日写真とともに説明したいと思います。今回一番印象に残ったのは、トンネル出口が近い所で山側にかなりの山崩れがあったことです。前にもあって気が付かなかったのか、2月の写真を調べて見るつもりです。その辺からトンネル出口までの変わりようが一番厳しかった気がします。





峠路が危うい2020/05/02


           <旧灯台」>
              <入口付近は前回と変わりませんね>
今回の写真を別の日に撮ったのと比較するのは難しい作業です。各ポイントをあらかじめ決めてからそれぞれ撮るのならともかく、たとえ同じコースの写真であっても、何の考えもなく後になって特定の場所を比較しようというのは乱暴に過ぎます。あらためて両者を調べて無理なことがわかりました。そこで以下は写真の比較が僅少になりました。お許しください。
      ブランコがぶら下がっていたこの辺までは前回とほぼ変わりません。

前回は左(本来のルート)に上がって進みましたが、今回は画面右から進入。でも、結果はやはり左から攻めたほうが良かったみたいです。

伊豆急電車の軌道敷が見えましたが、その分、断崖を巻いて危険でした。からくも左に回り込んで本来のルートに合流。

切り通しの拝みの坂の周辺は慎重に歩を運びます。

二つ目の切り通しの先が荒れたままで、なお酷くなったような感じです。

そして、この写真の直後にあの山崩れの昨日の写真が続きます。

下の写真は前回の写真です。ほぼ上の写真と同じ場所と思われます。ということは、前回、下の写真を撮った時にこの場所の山崩れに気が付かなかったことになります。考えられるのは、前回(2月7日)から5月1日の間に新たに山崩れがあったか、前回、既に去年の台風で崩れていた場所が散乱した木々や枝の背後に隠れて見えなかったか、のいずれかということになります。多分、後者ではなかったかと思われます。

此処まで来れば、中ほどに車が行き交うのが見えてきます。

今回はトンネル口から車道を歩き、2~300m先の旧道を戻って伊豆急電車のトンネル口の上の展望台まで下り、また同じ道を戻って食堂「いそべ」前のバス停へ急ぎました。なお、「いそべ」の前辺りの山が同じように崩れているのが見えました。犠牲になった樹木が下まで押し流されて枯れ木の残骸となっています。 やはり去年の台風によるのでしょう。



キリの花2020/05/03



きのう”ひらなみHW”を歩いたら、入谷道にぶつかる手前、大川にかかる橋の袂にキリの花を見つけました。先月のフジの花に続いて今春の初見です。まだ蕾も残っていてういういしい。




ハマダイコン2020/05/05



最近トキワツユクサがそこかしこの陽の当たらないところで咲きだし、梅雨の季節がもうすぐ近くまで来ていると教えてくれています。来月になれば、あの澄み切った青色のツユクサが今年もお出ましになることでしょう。そして私たちもそれまでには新コロがきっと終焉するのを信じて、この緊急事態を乗り切ろうではありませんか。

しかし残念なことに、トキワツユクサの写真は完全にピンボケ。そのかわり、まあまあの写真がハマダイコンでご勘弁願います。きょうはひらなみHWの大洞峠で撮りました。例年、志津摩海岸の遊歩道でお馴染みの花ですが、山の中で”ハマ”ダイコンを見たのは初めてです。浜風がこの峠まで吹いてくるのでしょうかね。

                      ハマダイコン


久し振りのカグラ石2020/05/08


         インディアンの酋長?
今朝は、ふとしたことからカグラ石を思い出し急きょ出掛けてきました。今年の一番の干潮の日は確かゴールデンウィークの後半だったはずという思い込みがあって今年は無理だと決めつけ、いまひとつ気乗りがしてなかったのですが。この思い違いについては帰宅後調べたら、今日の8日、9日、そして10日の3日間が最適だったのでした。

白田峠では珍しくご婦人の姿があって、家の前の掃き掃除をしていました。この方は、はさみ石については豊富な知識をお持ちでしたが、カグラ石についてはご存知なかったと見えて、様子見に途中まで後からついてきました。暫くして、急な下りが始まるとさすがにギブアップしてくれました。それにしてもご婦人にしては好奇心旺盛の方です。

さて、私の方は去年は確か下りてなかったはずで久しぶりの訪問です。やっとロープが見つかった少し先で、この先をたどるとハサミ石側に下りそうだと判断し、一度スタート近くまで戻っています。あらためてルートを追って、やはり同じくそのまま進むのが正解でした。ルートはこの先で左側へ続いていたのです。

その後は特に問題なく無事巨大な岩礁に着地。最後の岩ゴロの下降では以前と少し変った印象があります。年月を経れば当然ですね。
                さあ、ここから岩ゴロの下降です

                カグラ石の全貌が見えてきました

       大島が薄っすらと浮かんでいます

                 ボートが2台遠ざかるところ

カグラ石の”平床”に着地したときにはボートは既に沖合へ 稲取岬灯台が見えます
 つづく