<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

峠路が危うい2020/05/02


           <旧灯台」>
              <入口付近は前回と変わりませんね>
今回の写真を別の日に撮ったのと比較するのは難しい作業です。各ポイントをあらかじめ決めてからそれぞれ撮るのならともかく、たとえ同じコースの写真であっても、何の考えもなく後になって特定の場所を比較しようというのは乱暴に過ぎます。あらためて両者を調べて無理なことがわかりました。そこで以下は写真の比較が僅少になりました。お許しください。
      ブランコがぶら下がっていたこの辺までは前回とほぼ変わりません。

前回は左(本来のルート)に上がって進みましたが、今回は画面右から進入。でも、結果はやはり左から攻めたほうが良かったみたいです。

伊豆急電車の軌道敷が見えましたが、その分、断崖を巻いて危険でした。からくも左に回り込んで本来のルートに合流。

切り通しの拝みの坂の周辺は慎重に歩を運びます。

二つ目の切り通しの先が荒れたままで、なお酷くなったような感じです。

そして、この写真の直後にあの山崩れの昨日の写真が続きます。

下の写真は前回の写真です。ほぼ上の写真と同じ場所と思われます。ということは、前回、下の写真を撮った時にこの場所の山崩れに気が付かなかったことになります。考えられるのは、前回(2月7日)から5月1日の間に新たに山崩れがあったか、前回、既に去年の台風で崩れていた場所が散乱した木々や枝の背後に隠れて見えなかったか、のいずれかということになります。多分、後者ではなかったかと思われます。

此処まで来れば、中ほどに車が行き交うのが見えてきます。

今回はトンネル口から車道を歩き、2~300m先の旧道を戻って伊豆急電車のトンネル口の上の展望台まで下り、また同じ道を戻って食堂「いそべ」前のバス停へ急ぎました。なお、「いそべ」の前辺りの山が同じように崩れているのが見えました。犠牲になった樹木が下まで押し流されて枯れ木の残骸となっています。 やはり去年の台風によるのでしょう。



コメント

_ 開拓人 ― 2020/05/03 21:21

inada様、こんばんは。
探索お疲れさまでした。ご無事でよかったです。コロナでステイホームしておりますので、街道の写真が見られて大変嬉しいです。本当はこのGWにでもユンボとチェンソー持って少しでも復旧しに行きたかったのですが、自粛しました。山の土砂崩れは台風時のものかとは思いますが、更に崩れたかもしれませんね。いそべ側からの写真はびっくりしました。コロナは私も持病ありなので怖く、皆が動けるようになったら一足遅れて動き出そうかと思います。お礼まで。

_ inada ― 2020/05/04 10:22

開拓人さん、おはようございます。
コロナ禍で行動を制限されるのは本当に辛いことですが、暫く我慢ですね。
峠路は全体に僅かな変化は見られましたが、大筋では変わっていない印象でした。ただ、山崩れの場所からトンネル口までが前回よりかなり荒れているように思えました。4月の悪天の影響でしょうか。

_ 開拓人 ― 2020/05/05 21:38

inada様、こんばんは。
なるほど、そうするとまだ地盤が安定していないのでしょうね。しばらく我慢して、梅雨も過ぎて夏か秋ごろには地盤が落ち着いて良いかもしれないと前向きに思うことといたします。

_ inada ― 2020/05/06 09:52

開拓人さん、おはようございます。
稲取の様子見はいつでも良いとして、もし着工されるのならば、秋の台風が去ってから、というところでしょうか。
開拓人さんには宇佐美の土地開発という楽しみもありますからね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
山に登るのは
そこに ? があるから (答えは 山 )

コメント:

トラックバック