<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

志津摩へ2020/05/15


<トンネル上のアラコ道から稲取駅を出発する踊り子号>
午後になって、急に志津摩の海岸を歩きたくなって出かけました。先ずは中川の畑を通ってアラコ道に上がります。字崩山から稲取駅を見下ろします。ちょうど踊り子号が東京方面へ出発する間際でした。

次いで、二つ堀から賽の神様に挨拶して左曲がり、国道に下ります。「コーポ稲取」を過ぎて間もなく民家の庭の柿の木(?)が見たこともない綺麗な花を咲かせているのに目を見張りました。今、写真を拡大して、それが別の花だとわかりましたが、その時は正真正銘驚きました。それにしてもこれは何という花かな?
          <上の写真 ヤドカリみたいに寄生したのかな?>
<下の写真は茎が下から伸びてました 拡大して分かった次第です>

やがて志津摩に来ました。相変わらず好い風景ですね。

そして、マルヘイ家具さんの所から東浦路を行きます。金指いちご園の脇を通って途中から海岸通りに出ます。かつての田圃の脇を通り、踏切を渡るとき電車が来ました。今日は電車によく遇います。
<画面真ん中の保養所(?)の上を斜め左上に上がる道が東浦路 峠を越えると河津町の見高>

マルヘイさんのちょっと先から「鉢石」が見えます。

             踏み切手前で伊東方面へ向かう伊豆急電車

<今年は草茫々のままですから、田圃の準備をしないような気がします>

志津摩遊歩道に出ました。ハマダイコンの花は既に終わり、たくさんの実を付けています。菜の花と同じような実を付けていますね。
                     ハマダイコン

美女とイルカのモニュメントに敬意を表してからマリンスポーツセンター前を通り過ぎて間もなく、車道と歩道の間のU字溝脇でシャガンで草取りをしているご婦人の姿を発見。午後になって日も陰ってきて、風も気持ちよく、草取りには好条件。

草取りだけでなく、U字溝の中はゴミがいっぱい。一人で片付けるには酷な仕事に見えます。この通りはお隣の銀水荘などホテル・旅館の客が往来する遊歩道です。観光客の目にどう映り、どんな印象を植え付けるか心配です。町(その前に区かな)に知恵を出してほしいところです。

最後に、文化公園でひと休みして帰宅。





コメント

_ せいざん ― 2020/05/16 16:43

何時も拝見。伊東の86歳です。山を辞めて三筋山ももう登れません。整形に杖を突いていくのが精一杯です。精力的な御近所の探訪、何時も羨ましく拝見しております。

東部病院で一昨年、家内を亡くしましたので、建物を見ると悲しくなります。

ところで、この植物ですが、着生蘭のセッコクと思います。品種は判りませんが。というのは、私も近所の路上に捨てられていたのを拾って来て、鉢植していますが、調べて判った次第です。

私のは薄いピンクですが、これは濃く見事ですね。写真保存させていただいて宜しいでしょうか。

_ inada ― 2020/05/16 21:39

せいざんさん、お久しぶりです。その節はお世話になりました。
私も昔のような山はやれなくなりました。せいぜい近くの山を少しだけ無理せずに歩き回るくらいです。
一昨年奥様が他界されたとのこと、お悔やみ申し上げます。
セッコクというのですね、専門家の方からご教示いただいて光栄です。ありがとうございました。なお、写真はご自由にお使いください。拡大した方でコピーなさると良いと思います。

_ 岬石 ― 2020/05/19 18:43

ヘェ〜!これがセッコクですか、見事ですね。東洋蘭で名前だけは知っていましたが、実際に咲いたとこを見たことがありません。見逃さずに、写真に撮ってここにアップ、流石ですね。

_ inada ― 2020/05/19 21:20

最初見た時は本当に驚きました。信じられないほどでした。着生ランだそうですが、そんな生き方をするランがあるのですね。しかも、こんなにも美しい花だなんて!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
山に登るのは
そこに ? があるから (答えは 山 )

コメント:

トラックバック