<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

入谷の公園2020/05/26



ひらなみHWを歩いてきました。ここのところ1週間に1度くらいの割合で歩いてるかな?途中で出会った知り合いとのおしゃべりを引けば、約1時間半ほどのウォーキングでしょうか。風が強い時とか、日差しが強い時などはこのコースがお勧めです。

午後3時を過ぎて、稲取高校の生徒さんたちが国道をゾロゾロ下ってきました。緊急事態宣言解除を受けて学校も始まったかと思いながらイロハ坂を上がって「ふれあいの森」まで来ると、最近は子どもたちの歓声が聞こえていたのが、まったく静まりかえっています。暗い森の中では淋しさがいささか感じられます。

クリーンセンターから現在中断している工事現場を通過し、大洞峠で景色を満喫してから木割場の石仏群のコンクリートの台座を借りて缶コーヒータイム。帰りはすぐ隣の山神社手前にある公園に寄ってみました。何年か前に稲取保育園児の作品展を見て、その時のマツボックリが強く印象に残ったことがありました。先生に訊いてみたら、この公園で拾ったというので、早速、訪ねたことがありました。コーヒータイムで突然そんなことを思い出して寄ってみたのでした。

久し振りの公園は、滑り台やブランコなどの遊具は立派でしたが、普段、子供たちが親しんでいる風には感じられませんでした。大きな石が転がっていたり、草刈りもしてない様子です。入谷地区では公園と呼べる施設は他には見られません。区で管理しているのでしたら、やはり近隣の人たちでも少し手間をかけてほしいものです。草刈り機など、皆さんお手のものでしょうからね。


印象に残ったマツボックリとは、実は花びら(花弁?)が開いてバラの花のような形をしていたのです。普通には見られない珍しい形のマツボックリに驚きました。