<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

中の平2020/08/01

「中の平」はその池畔に立つ顕彰碑によると、昭和4年1月に起工して翌5年8月に竣工したとあります。当時稲取の田圃は全域で24町歩しかなかったのを、4町3反歩増やして28町3反歩にまで広げたということです。その田圃の区分使用の権利を初っ端に取得したMさんの話では、新田が誕生するまでの間に色々な問題があったようですが、敢えて開拓を進めた意義は顕彰に値するに十分なものだったと考えられます。

しかし、その田圃も今は殆どがハウス農業に転じて僅か2か所が残っているだけとなっています。昨日はツチアケビを見た後、田圃に寄ってみました。田圃のオーナーの姿はありませんでしたが、稲は背丈を伸ばして順調に育っているようでした。

ところで、その田圃の隣にガマが生えているのに気が付きました。同じソーセージでも、こちらはフランクフルトでしょうか、すんなりとした茶褐色の花穂です。もともと田圃だったこの土地です。水の環境に恵まれているのは当然です。従ってガマが生えていても驚くことはありません。アシやヨシの風景も捨てたものではありませんが、ガマも懐かしい水辺の植物です。

ガマのほわたにくるまれば ウサギはもとのしろウサギ〽 私もこの歌を知っている年齢ですから。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
山に登るのは
そこに ? があるから (答えは 山 )

コメント:

トラックバック