<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

道をふさいだおサルさん2020/09/16

今年はおサルさんの姿が見えないと思っていたら、昨日、白田の迂回路で10頭余りのひと群れに出くわしました。午後3時過ぎの曇天下、新白田トンネルを抜けて緩い下り坂をのんびりと歩いていたら、前方5,60m辺りに何やら物体が、次の瞬間、動態に変わり、更に幾つか現れました。サルだ!思わず緊張感が走り、足を留めてカメラを構えました。サルは次々と現れて寝転んだり、組み合ったりしています。コザルが多いかな?

      一番右手前にいるのがクセモノ! ボスかな?



      オ! すもうを取り始めた?

      小さいほうが転がされた!



      悠然と、しかし、抜かりなく当方をにらんでいる、いや見張っている?




      当方に気付いているはずだが・・・
第1ハンノキ沢橋を過ぎた前方、従って第2ハンノキ沢橋の所だ!だいぶ前にもこの辺りにたむろしていたことがありました。






かつて黒根の坂でコザルが石垣に手こずっている所に通りかかったことがあります。すぐにカメラを向けたところ、間もなく2頭の成獣サルが現れ当方にキバを剥いて近づいてきたことがありました。こわい思いをしたことがありますので、敢えて連中のいる所を突っ切るのはやめて、車が下りて来るのを待つことにしました。

幸い、間もなく軽トラが下りてきましたので、サルが恐いからと乗せてもらったのであります。JAの職員の方のようでした。クモの子を散らすように道が空き、かくして窮地を脱することが出来ました。この方も車だったが、相手が向かってきたのには驚いたと経験した話をしてくれました。

この道路は伊豆急線スタンプラリーの片瀬白田駅~稲取駅間の指定通路です。一般の方はサルの出没の情報を得にくいと思われます。サルに襲われてケガする懼れもありますので、何らかの伝達手段があるといいですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
山に登るのは
そこに ? があるから (答えは 山 )

コメント:

トラックバック