<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

カラスウリ2020/10/01



うまくだまされました。
海に向かって東西に広がっている南斜面は稲取ではお決まりのミカン畑です。その上の段の東西に走る道路縁にはやはりイヌマキの木が横にズラーッと並んでいます。下から吹き上げる風に対して垣根の役割を担っています。

さて、その道路縁に一風変わった実がぶら下がっているのに気が付きました。ニワトリの玉子大の大きさでこの時期のミカンと同じ緑一色です。ミカンの実とは違う、葉も違う、はて? もしや、大発見?

実が生っていると思われる木の隣に、イヌマキの木が並んで立っています。幹を見ると両方とも同じように見えますが、実が生っていると思われた木は当然別の木だと既にどっぷりと思い込んでいました。そこで、その前者の幹をよくよく調べて見ると、何とその幹から出ている枝先にマキの葉が付いているではありませんか!下から上へと目をやって、次の枝も、その次の枝も。柑橘系の木にはよく接ぎ木をすると聞いているので、イヌマキが前者の幹に寄生したのか、と発展してしまいました。



柑橘系の木とイヌマキは相性がよいか?と、とんでもないテーマをネットで検索してみました。当然にもその問いには全く無関係な記事が並んで出て来るだけでした。そこで、ひょっと浮かんだウリかも?ということで、とりあえずマクワウリを検索したら、出てきた画像がツル性だと教えてくれていました。そこで、その角度から写真をあらためて見てようやく結論が出たのでした。

2本のイヌマキの一方は枯れ木に近づいていました。その木の枝の方にツルを伸ばしたカラスウリ、でした。お粗末さま!!!


中秋の名月?2020/10/02

きのうは十五夜でした。夕方には”月にむらくも”でもないでしょうが、まん丸のお月さまに薄っすらと雲がかかっていました。そして8時を過ぎるともはや中天にさしかかって、窓からは直接見ることが出来ず、ただ、月光が差し込んで辺りが明るい様子から十五夜の月を察することが出来ました。

この写真は一昨日の夕方5時20分に”よしくぼ道”から撮ったものです。
                    伊豆大島とお月さま


オンタデ?2020/10/03

高山植物でオンタデという花があります。2千メートル級の山を歩けば特に珍しい花ではありません。



ところで、伊豆稲取の入谷で一桁違う標高200m位の所に同じタデ科と思える雑草がきれいな花を咲かせているんです。当地に来て間もなく12年になろうというのに、こんなにきれいな雑草は見たことがありませんでした。普段はイタドリ(スカンポ)だとばかり思ってましたから。

でも、イタドリは白い花しか咲かないそうで、きょうは志津摩の海岸通りでたくさんはびこっていましたので撮影してきました。同じタデ科でピンクの花というと、オンタデがその一つということですが、だからと言ってピンクの花がオンタデとは断言できません。さあ、どうなんでしょう?


認知症ステージ32020/10/06

今日初めてお会いした方が認知症のステージ3だと聞いて驚きました。30分以上も話をしていて、とてもステージが進んだ病人には思えませんでした。そこで、帰宅して調べたら、S1が認知機能の障害無し、S2は非常に軽度の認知機能の低下、S3は軽度の認知機能の低下、ということでした。なるほどS3程度でしたら他人にはわからない訳です。ちなみにステージ3とは、日常生活で入浴、食事、トイレなどの基本的なものが問題なく処理でき、ただ、計算だとか買い物だとかに多少の難点がある状態だそうです。

S4では中等度で、S5となるとやや重度の認知機能低下となるので、S3までは心配するほどではないということになります。ただ、S3でも放っておけば間違いなくステージはいずれ上ってしまうということです。認知症予備軍(MCI)の位置づけですね。これが進むと行き着くところステージ7で非常に重度な認知機能低下となります。

きょうは久しぶりに水乗りから迂回路に上がってみました。片瀬のちょっとした公園の名前と片瀬の海岸通りの「はりつけの松」に近い橋の名前を再確認するのが今回のテーマです。
稲取第2配水場から白田海岸へ下りる途中、畑の垣根にエンゼルトランペットが元気でした。薄いピンクは珍しい。稲取では黄色以外見たことありません。

新白田トンネルを出て第1、第2ハンノキ沢橋を過ぎて緊張します。先月大倉橋の辺りにサルが群がっていたからです。でも、今回は曇天でもあり気温も低くなってきていたからでしょうか、幸い姿を見ることはなく安堵しました。

そして、その少し先の配水場の手前で下から上がってくる中年の人に出会いました。時刻は3時をまわっていました。稲取の方で、湯が岡に入所している奥様を見舞った帰りだとのこと。それも、殆ど毎日だというから驚きました。

実は、奥様はまだ若いのに認知症だそうで、そういえば、彼もまだ60歳前後のようです。定年で伊豆急をリタイアしたとか。そのうえ、また驚いたことに、彼自身もS3の認知症予備軍だというのです。とてもそんな風には思えませんでしたが。

しかしながら、いろいろ調べて見ると私自身もMCIの可能性が大のような気がしてきました。ガンと同じように初期段階でしたら、少なくとも進行を抑える、スローにすることは可能のようですから、とりあえず病院で検査してもらう必要があります。近いうちに決断できるか、ウーン、自信がありません。

気が付いたら遅くなってしまい、結局今日のテーマはモノにすることが出来ず、繰り越しになりました。


ブラシの木2020/10/07



きのう迂回路を通って白田へ出たのですが、途中、迂回路に上がる手前でホテルジャパン稲取の前を通ったら、なんと、ブラシノキが未だ花を付けているではありませんか!さすがにチラホラと付けているだけですが、花自体は非常に新鮮そのものでイキイキと輝いているのには驚きました。

この花は梅雨時に咲くのが一般です。今年の長く暑い夏を乗り切ってきたのですからたいしたものです。それとも、この時期まで咲く品種なのでしょうかね。