<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

ランチュウと金漁葉ツバキ2020/11/27



きのうは志津摩からイノキワに上がった後、荒巻から農免道路を歩き、吉窪道に下りたのですが、その吉窪道の脇の畑で知人に面白いものを見せてもらいました。先ずは丸々と太ったランチュウです。ネット通販で取り寄せたのだそうです。中でも赤の色彩が鮮やかな個体がありました。結構高額な買い物だったようです。

もう一つは金漁葉ツバキ。葉っぱがキンギョのように見えるところから付いた名前だそうで、園芸種として売られているとのこと。特に葉の先端がキンギョの尾鰭のような面白い形をしています。多分、突然変異で生まれたものなのでしょう。他にも銀色のメダカや、その中の赤っぽいのが珍しい。


以前と比べて彼の畑はだいぶ充実してきました。次にはじっくりと見せてもらいましょう。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
山に登るのは
そこに ? があるから (答えは 山 )

コメント:

トラックバック