<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

内山淳子さん文科大臣賞受賞2020/12/29


    前方、講師席にて手振りをまじえて説明する内山淳子館長 (2017年撮影)
奈良本の町立図書館長、内山淳子さんが文部科学大臣表彰を受けた旨、昨日の伊豆新聞で知りました。図書館活動にかかわる多大な功績に対して10年に一度の表彰だそうです。特に子供の読書活動を推し進めるための「おはなし会」を毎週、28年間も続けてきていること、人形劇の「あしたば」の産みの親でもあり、青少年の健全育成に寄与したことなどで評価されたらしい。

彼女は独身時代JAICAの青年海外協力隊員としてインドネシアに渡った経験があります。JAICAとは国際協力機構のことで、外務省が所管する政府開発援助(ODA)の実施機関です。内容は開発途上国のインフラ整備、農産業技術育成、教育文化など多岐にわたった活動です。そうした海外の経験が彼女の出発点にあったことは、その後の図書館活動を推進してゆく上で大きな力となったであろうことは想像できます。特に、図書館司書の資格を生かして町立図書館開設の立役者の一人として奮迅の働きをなさったことは町民の記憶に銘記されていることと思います。

この図書館では年間を通じて様々なイベントが開催されてきました。今年は新型コロナの影響があって難しい対応の中、規模を縮小したり、あらゆる対策を取って万全を期したことが窺えます。子どもたちだけでなく、我々高齢者のためにも生涯学習の場として「音読サークル」の開催などを続けてくれました。感謝したいと思います。

今年は世界中の人々が味わった、そして未だに続いている重苦しい1年でしたが、年の瀬に来て、ようやく明るいニュースが舞い込みました。あらためて図書館長並びに職員の方々に感謝したいと思います。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
山に登るのは
そこに ? があるから (答えは 山 )

コメント:

トラックバック