<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

梅雨空下のハプニング?2020/07/10

今日は、午前中は晴れ間があり、外出にはまずまずの空模様でしたが、ちょっとやりかけの雑事を片付けている間に時間を過ごして、結局午後からのお出かけと相なりました。空模様が少し心配でしたが、晴れ間も覗いています。でも、3時を過ぎてから外へ出たとたんに雨が落ちてきました。しかし、それも伊豆東部病院の脇から墓地の上に出たところで一息ついている間に止んでくれて、さあ、出発です。 

ところがです、いろは坂に入って最初の右ターンの急坂に喘いだところで、何と倒木が目の前に!木の枝先がこちらを向いて道を完全に塞いでいます。左の山側を見ると、ガケ崩れではないようです。隙間はどうか?わずか
に掻い潜れそうな部分はありますが、少してこずりそうです。雨粒が載ってますので濡れるでしょうね。

反対側(右側)の斜面に目を移すと樹間に若干の空間があり、どうやら迂回出来そうです。ゆるんだガケ土に注意しながら、木の枝をかいくぐって回り込みました。再びコンクリート道に出てホッと息をつきました。幹が1メートルくらいの所で折れていたのです。突風にでもやられたのでしょうか? 老木なのかな?
回り込んで、来しかた(先方に向かって下り坂)を見ると、やはり迂回して正解だったようです。
幹が裂けていたんです!

それから更に左に右にのターンを繰り返して2度目の左ターンで前方を見ると、コンクリート道は洗い流されたように綺麗になっています。いつ崩れ落ちるかと常に気にかかるヒノキ林(?)の並びは、その根元がかなり大きく抉られた状態になっています。あと10年持つでしょうか?この道を”憎からず”想う手前どもには”我がことのように”気になります。
木の根元がポコポコとえぐれています。

さて、長大滑り台の着地点がある桜の広場と旧アスレチックスコースを目の前にして、更にクリーンセンター方向へ向かった所でハプニングが待ち構えていたとは、まったく思いもよらないことでした。 つづく


上佐賀野親水公園2020/06/08

高橋橋に出てから、左の上り坂を行きます。すぐに道標が行く先を教えてくれているので、初めての方でも安心して歩けます。私は今回2度目ですが。親水公園へは1キロの道のりです。

トッコンさんの名号碑

そして「小水力発電設備」が健在でした。公民館の街灯をまかなっているそうです。
流水を受けてモーターが凄い勢いで回っています。

途中、石仏様が見守ってくれています。


下佐ケ野の交差点から上がってきている道に出ると、広く拓けて好ましい田園風景が展開します。


そして、道がなだらかになって森の中に入り、親水公園前広場に到着です。時刻は12時ちょうどでした。ところが、園内に入って驚きました。小屋はあっても肝心な水車がないのです。一瞬、目を疑いました。
あれから何年たったでしょうか。あの時は健在でしたのに。台風の被害でも受けたのでしょうか?いずれにしても残念でした。

それでも、東屋での食事は楽しいものでした。川音と小鳥のさえずり以外は静かな、きれいな公園でした。
帰りに、三島神社に寄って参拝。

田圃の脇を散歩していた子連れのオカアサンの話では、田植えが済んだのは早稲田で、これからの田植えもあるとか。背景は鉢の山でしょうか。







佐ケ野川渓谷2020/06/07



バス停三養院前から県道14号を河津七滝方向へ少しゆくと、「佐ケ野川遊歩道」の駐車場があり、橋を渡った右手に渓谷の入口があります。。橋の上から渓谷を覗いたら遊歩道が橋の下に通じていたので、県道の反対側に目をやるとまさに道があるではありませんか!そこを行けば回り込むようにして橋の下の遊歩道に出るだろうと考えました。
その道は河津川の河川敷にぶつかって左へ向かいます。竹林が切れて、かなり広い範囲にワサビ田が広がっています。一人だけ腰をかがめて作業している人がいました。結局、この道をたどっ県道に上がってしまった先はバス停三養院前でした。渓谷入口の反対側をひと回りしてしまったということです。


仕切り直しで遊歩道入口に戻って渓谷へ下りてゆきました。渓流を目の前にしたところに「三養院の滝」の指標が下流の方向を示しています。川床は柱状節理の綺麗な石です。橋の下を下流に出ると、巨大な滝つぼに三養院の滝がドドッと落ちていました。実は、遊歩道の下流側はここでストップなのでした。

             橋桁が壁になっている所
          大きなウナギが実際にここで釣れたと書かれています
         大昔は滝壺だったのでしょうか? 現在は滝壺兼池という感じ

さあ、それではこれより渓流を写真とともに遡上してゆきましょう。

ポットホールが至る所に散見されます




こんな大岩が至る所にゴロゴロ

川遊びも出来そうです

これが「三段の滝」でしょうか?

この倒木は去年の15号、19号による被害?

これが三段の滝かな?

このあと竹林の間の石段を上って「高橋橋」の手前に出ました。

明日は佐ケ野親水公園の巻



佐ケ野川渓谷遊歩道2020/06/06



今日は隣人と一緒に河津の佐ケ野川渓谷遊歩道を歩いてきました。気温は高めでしたが、曇天でまずまずのウォーキングが出来ました。
渓谷に展開する数々の滝は規模は小さいながら、岩床や岩壁に続く柱状節理と相まって美しい渓相を見せてくれていました。

1時間ゆっくりと見学して町道(?)に出た後は佐ケ野親水公園へ。お目当ては水車小屋でしたが、水車自体が無くなってガッカリ。それでも、佐ケ野渓谷遊歩道の終点の高橋橋から親水公園までの美しい田園風景が十分に補ってくれました。




入谷側からひらなみHWへ2020/06/02

最近はひらなみHWを歩くことが多くなりましたが、入谷側からは殆どありませんでした。たまに反対側から歩いてみると、いつもと一風変わった趣を感じるものです。同じみの景色でも、歩いて来た一連の情景に影響を受けて、それまでとは違って何となく新鮮に感じられるものです。
でも、今日は暑かったですね!
ふれあいの森の「コトリのランドマーク」のあたりに手が入って、雑草が綺麗に刈り取られました。

今、桑の実が熟し始めています。