<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

ニューサマーオレンジ2020/06/29

伊豆のミカンは今やニューサマーオレンジが主力になっているようですが、このミカンにしても、これまでに数々の品種が誕生したお話のひとつをミカン農家のOさんから聞くことが出来ました。

もとはと言えば、日向の国で夏ミカンの木から突然変異でニューサマーオレンジが誕生したことから始まります。酸っぱさはもとより、甘さも凝縮した若い人に受けそうな味わいが魅力だったようです。

そこで農協ではこの品種の改良が幾度となく繰り返され、例えば、青っぽいニューサマーから、赤っぽい品種がより一層魅力的なはずだと奨励されて農家はそれに従ったところ、裏目に出た話が残っているということです。

温州ミカンや青島ミカンなどは、その地味な味わいが昔から人気を保っている理由でしょうが、おかげでミカン農家は今や7種類も8種類もミカン畑を管理せざるを得ないと、Oさんは云います。ただ、それによって、例えば収穫の時期がある程度ずれて続いてゆくことなど利点はあるのでしょうが。

少し小高い所からざっとミカン畑を見渡すと、緑一色の中にアマナツミカンの木が少し目につきます。夏ミカンにしては未だ成長途上の大きさに見えます。しかし、意外なことを耳にしました。この木を残しておくと、ニューサマーオレンジの受粉が促進される、というのです。

「親の夏ミカンは自家受粉出来るのに、その子であるニューサマーが自家受粉出来ない」と、だいぶ前にOさんから聞いたことがあります。それなのに、この話です。自然界は不思議なものに映りますが、科学的な根拠はどこかに潜んでいるのでしょうね。

接ぎ木2020/05/31



セッコクを着生させるために”接ぎ木”がどこかにないか?野山を探し回って結局、近くの空き地に伐採されて積み重ねられた切り枝を見つけ、一つ失敬して、やっとセッコクの寝床を確保しました。ただ、枝に縛り付けただけですが。

その写真をセッコクを分けてくれた方に見せたら、園芸店にコケのようなものがあるから、それを巻き付けると再生の効率が良いと聞きました。なるほど、いろいろな手があるのですね。


こんなふうになるには何年かかるでしょうか?



倒木とカラタチの実2020/05/22

きょうもふれあいの森へ、赤坂いろは坂を喘いで倒木のところまで来れば先ずはご苦労さんで、去年の台風15,19号による倒木を撮影します。両方ともかなりへたってきました。今年の台風までもつかどうか。大分崩れてしまうのでは?

こちらは上の方の倒木

そこを通過すると、次は2,3年前の台風の被害を受けたカラタチの木の並びに。足元に梅の実よりも大分小さい実がころがっていたので、見上げたらカラタチの木でした。やはり幾つか実が生っています。この坂はこの春も何回となく往き来しているのにカラタチの花が咲いているのを見た記憶がありません。記憶があるのは、あの逞しくするどい刺ばかり。でも、実が生っているんですからね。どこを見て歩いていたんでしょうかね。



風車の丘のニレの木2019/11/30

.

浅間山に上がりました。午後2時に自宅を出ましたので、現地ではもう日は斜めになっていました。山頂から北側に下ったのですが、あの屏風のような天城山脈も微かに夕陽を受けた姿を披露してくれました。

風車の丘に上がって東屋の近くから手前にアスド会館、背景は大島

例の楡の木は東屋からは見えませんでした。ただし、ススキの間の僅かな道跡を辿ってリボン標を左に向かうと、源八山の尾根の線上に懐かしいあの木がありました。既に葉を全部落として冬の装いでした。周りにそれらしき木は他にないので、多分間違いないと思います。

.

その後、浅間山に上がり、帰りは北へ下って屏風のような天城連山の夕陽を楽しみました。

今年の紅葉は2019/11/12

テレビで行楽地の様子を見ると、例年より紅葉が遅れている感じです。今年の夏は酷暑が続いた上に台風や大雨などの被害が重なったためだろうというのが大方の見解です。

 

昨日、クリーンセンターの裏側の空き地で数人の職員やら作業員の方々が作業をしているのを見ました。この秋に続いた台風被害による木の枝などの粗大ゴミが空き地の奥の方に山になっています。多分この撤去・処理が始まったのでしょう。

 

ふれあいの森の展望台下の広場ではイロハモミジなどが薄汚く枯れ始めているのに気が付きました。そのうちに落葉するような感じです。ユリノキの葉も落葉が少し始まっていました。こちらのは黄葉ですが、思い込みのせいか、やはり見栄えが例年より少し劣っているように見えます。

         サクラの広場で芝刈りが始まっていました

.

そう言えばユリの木の、あの白い大きめの花をここずっと見ていない気がします。来年の春はヤマハンノキHWのツチアケビとともに宿題になりました。

ユリノキ

                       ユリノキ