<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

「ならいの風吹く町に」2020/10/19


「ならいの風吹く町に」 内山康生著

稲取高校は著者が社会科教諭として赴任してきた当時、「荒れた学校」で知られていた。既に中堅のベテラン教師であった彼も青年教師の如く生徒指導、家庭訪問等、獅子奮迅の働きを余儀なくされていた。何とかして学校を正常化したい。ところが、そんな折に同僚の話を小耳にいれた。「文化ホールも図書館も無いこんな町では無理だね。子どもたちが余暇に過ごす場所がないんだから」


東伊豆町に図書館を設立しようという著者の思いはそこから始まった。そして、当時の山田大八郎町長と話す機会があって、行政への要望は住民の意思がどこにどれほどあるかが先ず第一だと聞いたことから、陳情署名を集めることを思い立つ。それには身近な協力者が得られたことが大きな力となった。幼稚園、小中高のPTA会長副会長、その他に町の有力者の方々が発起人になってくれたことも大きい。

 

そもそもこの四十年ほど前に稲取の青年団が既に図書館の陳情書を時の町長に提出していた時代背景があった。それに「読書友の会」や「親子読書会」、「稲取読書会」などの結成が進んでいて、住民にその機運の盛り上がりの下地が出来ていた。あとは具体的に図書館設立をどう軌道に乗せていくかだ。

         東伊豆町立図書館 2020年春撮影

先ずは「図書館の会」を結成して会員とともに図書館構想を作り上げてゆく。それには県内外の図書館訪問が欠かせなかった。そして既に献本活動で集めておいた本を元に出来たのがミニミニ図書館だった。町からの予算も僅かながら付いた。

 

しかし、図書館設立まではまだまだその先があった。その後の町の予算が付かなかったこともあり、図書館設立の流れが頓挫するかにみえた先に「図書館法に基づく請願書」を町議会に提出する案が浮上し、そのための署名集めに取り掛かった。そして集めた6273筆(総人口の37%)の署名を議長に提出。議会の議決、それを受けた行政の決断が下って遂に設立が決定したのだった。

 

一九八七年の運動開始から一九九二年のオープニングに漕ぎつけるまで実に足掛け六年をかけて、ようやく新しい町立図書館が奈良本にお目見えした。著者を中心とした身近な協力者、運動過程で協力の手を差し伸べてくれた町内外の有力者、町議会筋の方々、そして利用者の住民の喜びは相当なものであったに違いない。本書を読み終わって、ノンフィクションなのにまるでドラマの一つが完結したかのような感動を覚えた。


                                                            


奈良本の図書館2020/07/17

今日は音読の日。ただでさえ少ない数少ない外部の人と接触する貴重な日です。奈良本の図書館でも、最近は大分イベントが減っているようです。このコロナ騒ぎで減らさざるを得ないのが実情なのでしょう。

前回と同じように今回も机は一つ一つ離して並べ、3人用のその机には一人だけ。密を避けた措置です。音読中もマスクは付けたままで、それが厳しいと感じられた時は外しても可ということになっています。それは個々の責任で付けたり外したりということでしょう。

私は今回初めてフェイス・シールドを付けました。この場合はマスクを外してもOKが出ています。都合の良いことにこれを付けたら、自分の発する声がよく聞こえ、あるいは普段聞く自分の声よりも好い声に聞こえるから不思議です。お蔭で自分の声に魅せられながら音読が出来ました!?

まあ、それはとにかくとして、3蜜に充分注意しながら規定の時間が過ぎました。後期高齢者のボケ予防として楽しくも有難い時間でした。


音読サークル再開2020/06/12



奈良本の図書館は今月1日から既に開館を始め、それに伴って音読サークルも再開いたしました。
会場は大部屋の方に移り、窓は全開、机の並びも1列目2つ、2列目1つ、3列目2つ、4列目1つ、つまり交互に並び、机は3人用でも各一人ずつ、というように3密の原則をしっかり守った万全の布陣でした。
今後も、この布陣を維持し終息に向かってゴーゴー!

帰りは白田海岸まで歩き、バス停の傍で見事なブーゲンビレア撮る。


音読教室2017/10/17

小学校の3年だったか、4年生だったかのときに授業で先生が本を読んでくださったことがありました。ヴィクトル・ユーゴーの「ジャンバルジャン」です。一度に全部ではなく、数回に分けて読み聞かせしてくれたこの授業時間が毎回楽しみでした。

このことがきっかけで直ちに本好きになったと言うつもりはありませんが、後年、国内外の特に小説を読み漁るようになった原点は確かにこの時にあったと言えるでしょう。息子や娘の教育に熱心でなかった私も時々読んであげたことを覚えています。

孫が生まれてからは自分で読んだ声を録音し、CDやDVDに保存して今でも手元にあります。でも、それを使用するチャンスを失い、いたずらに時を重ねて孫たちの成長に間に合わせることが出来なかったのが残念です。もっとも、再生して聞いてみると、何と悪声甚だしく、本の朗読はその道のプロならいざ知らず、素人がCDやDVDに焼くものではないと悟った次第です。保存などせずに生の声を読み聞かせるだけにとどめるべきでした。たとえ悪声でも、読み聞かせる側の熱意が聞く子どもたちに伝われば、それはそれで大きな意味を持ったはずです。

先日、奈良本の図書館で音読教室に参加してまいりました。はやくち言葉から始めて詩や絵本などを講師の主導で参加者が一斉に発音します。特に目立った声を出すのではなく、みんなが声を合わせることに重点を置いています。うまく読む必要はないのです。

講師は当図書館の内山淳子館長さんで、自ら音読教室を主宰する前に他の自治体の図書館を訪ねてその実際を視察したり、専門家の話を聞いたりして準備を重ねたということでした。音読は脳の活性化を促し、ひいては認知症の予防に繋がります。一時間があっという間に終わり、結構な疲れとともに充足感が得られました。要はみんなで楽しく音読に集中することが大切な時間なのでした。

2回目の今回は「話を伝える技術」を修行中の末満ひろみさんの講談「坂本竜馬」があり、その生き生きとした発声は参加した皆さんも感銘を受けていたようです。大変参考になりました。それに続いて末満さんを交えて館長さん以下、職員(?)の方、以上4名で紙芝居がありました。みなさんの読み聞かせもなかなかのものでした。最後に来場者全員で音読を体験してお開きとなりました。

この日は土曜日とあって小学生の参加もあり、親子ともども声を出して読む、そして伝えることに興味を持たれたことと思います。既に興味があった方は更にその技能の習得に意欲を持たれたかも知れません。私の場合は、鈍くなってきている頭の回転を少しでも戻せたら、或いはそれが不可能ならば鈍化の進行を少しでも抑えられたらと期待しています。

いきいき音読教室2017/09/16

NPO日本朗読文化協会が編集した「声にして楽しむ源氏物語」瀬戸内寂聴訳、という本を購入して読んだのは今から10年以上も前のことでした。この本の中で、瀬戸内さんの訳分の他に専門家によって「朗読」の何たるかが詳説されています。

 

朗読とはいわゆる音読の一つですが、声の芸術であると論じてその技術を分析し、練習の基本を具体的に説いています。一方ただの音読には特に技術はなく、文字を声に出して音声化する行為そのものだと言います。

 

私も実は文字を声に出して読むという行為に興味を覚えた時期があります。最初は中学2年のときでした。夕方、学校から帰ってきて一人寂しいときに、夕刊の記事を一字一句つぶさに声に出して読むという楽しみを覚えたのです。

 

記事は第一面のトップニュースから第二面の内政や外交関係のニュースを隅々まで読みました。毎日毎日続けて読んでゆくうちに、読み方が流暢になってきてハイな気分に酔うようになりました。いつしか、その後は特に国語の時間が楽しみになり、他にも専門的な知識が増えてきたのは自信になりました。

 

それからずっと後になって、世の中パソコンの時代になると、音読したものをCDDVDに焼いて保存するようになりました。これは孫たちに物語を聞かせて本の世界を知ってもらうことが目的であったのですが、結果的には自己満足に過ぎなかったようです。活用することは殆どありませんでした。

 

先日、町の情報配信メールで「いきいき音読教室」が東伊豆町の図書館で開かれると知り、昨日参加してまいりました。出かけるときは、多分、読み聞かせの技術などの講習だろう、と考えておりましたところ、むしろ技術ではなく気軽に音読を楽しむ教室だと説明がありました。

 

この教室は館長さんが実際に開催されている他の図書館を視察した上で、自ら主宰し企画したものです。万葉集や論語、詩、ことわざ等から抜粋した教材をもとに参加者一同が1時間余り、声を合わせて音読を繰り返しました。館長さんの巧みな音頭取りもあって楽しい時間となりました。

 

芸術としての朗読ではなくとも、単に音読することで脳を活性化させるということは私自身、承知していることではあり、最近、特にその必要を感じ時々実践しておりましたが、みなさんと一堂に会して音読を楽しむという新たな発見がありました。素晴らしい機会を提供してくれた館長さんをはじめ、関係者の皆様に感謝したいと思います。