<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

「水乗り」のネムノキ2020/08/06



「水乗り」で現在工事中のすぐ脇に大きなネムノキがあったなんて、昨日初めて知りました。灯台下暗し、とはこのことです。先日は中の平でも数本の木を3カ所見つけて驚いたものです。

伊豆で今までに見た限りでは、蓮台寺駅前のネムノキが何といっても一番です。駅から降りた時は必ずこの木に歩み寄ります。梅雨時から夏の初めにかけて咲く花は勿論のこと、秋に見事な”枝豆”を垂らしている態様は壮観でさえあります。ただし、確かこの”枝豆”は有毒なはずです。世の中思い通りにはなかなかなりませんね。


「象潟や雨に西施が合歓の花」芭蕉
雨に打たれているネムの花を見て、中国の傾城の美人西施をイメージしているところはスゴイですね。梅雨も終わりに来て咲き始め、しっとりとしたその雰囲気が人を魅了する素敵な花です。

スモモ2020/08/02

「スモモもモモもモモのうち」という早口言葉がありますが、”スモモもサクラもサクラのうち”では話にならないでしょうね。


きのうクロカンに上がった帰りにJAミカンワイナリー前を通ったときのことです。倉庫の前には数本の樹木が並んでいますが、梅雨明けした空を仰いだら何と、スモモが枝に張り付いているではありませんか!

いつも通るこの道、菜の花やつい最近まではキンケイギクが土手を飾っていました。その筆頭が数本のサクラの木でした。いや、そう思っていたのです。同じ白い花でも、サクラと勘違いしてたとは我ながら恥ずかしい。

しかし、この木の幹を見ても、枝を見てもサクラの表皮にそっくりではありませんか!多分、クロカンコースのサクラを見た帰りにこの”サクラ”を一瞥したわけで、前者の見事なサクラのイメージが私の破壊された脳裏から解放されてなかった故に、スモモの花をサクラと勘違いしたのでしょう。

ツチアケビのその後2020/07/31



長かった梅雨もようやく明けそうになってまいりました。
今朝は予報を見ると、午前中曇り午後晴れて暑くなりそうです。急いで支度して10時過ぎのバスに乗りました。アニマルキングダム行きのバスは子供連れの数組の客を乗せていました、傘をさすほどではないほんの僅かな雨が落ちています。歩くにはかえって好条件です。

樹林に覆われた中の道を行けば薄く靄がかかって、また小動物に遇えるかなと期待が持てます。頭上からカナカナの声が響いてきたのにはビックリ。確かにひんやりとした空気は秋の感じです。「中の平」までの長い道のり、ヤマハンノキHWで車に出合ったのは1台の宅配車のみ。とにかく外に出てきて良かった!

このHWはサンゴ樹の道でもあります。ただし、その赤い実はもう既にクスミかかっています。前回、AIカートが上がってきた場所に来ました。ここにはメタセコイアの木が3本ばかり天を突いています。秋には落葉するこの木はこの時期でも控えめな葉を付けて満足しているように見える。

そして、「ロウクチ」が近づいて、一段と背の高いユーカリの木が目に飛び込んできました。古い皮を落として白い木肌を見せていました。よくは見えませんが、木の葉が付いた先端を見上げても、花は見つかりません。高木の種類のユーカリには花は付かないのかも。


さて、あの竹林にやってまいりました。お、赤い実が見えた!しかし、一段と成長したソーセージを期待していたのに残念! 何と哀れに萎んだ姿! 先月の20日に見た見事な花からは想像もできない実を付けていました。今月の3日の状態から成長がそれほど進んでなかったようです。やはり、今年は天候異変が影響したのでしょうか。でも、地下茎はしっかり根付いているでしょうから、また来年に期待しましょう。




ユーカリの木に花が!2020/07/28



アラッコ道を久しぶりに通ったら、あのユーカリの木に何と、花が付いているではありませんか!ここ数年咲くことのなかった赤い花です。ただしかし、ブラシの木の花のようなブラシの部分が、毛糸が絡まった形に変形して花期は既に終わった感があります。それでも、実が残りました。来年が期待できそうです。

稲取に見られるユーカリノキは殆ど高木で、花を見たことは一度もありません。ここのは低木ですが、かつて美しい赤い花を毎年咲かせていました。来年が楽しみです。




ソーセージの誕生!2020/07/03



あのツチアケビの花は今頃どうなったかな?今朝は思い立って”ヤマハンノキ”HWを歩いてみました。午後からは雨の予報で午前中は曇空、時々薄日が差してこの時期は絶好のウォーキング日和です。

先月、花を見つけてから約2週間が経って、さすがに花は僅かに残るだけで、何と、あの”ソーセージ”が誕生して成長しつつあるではありませんか!ツチアケビの実は秋まで待たないと見られないと思っていたのでビックリしました。


よく見ると、花を支えている長い白い”首”があの赤茶色のソーセージ風の実になるんですね。結実したものはウインナソーセージくらいの大きさですから、それを支える部分も一緒に成長しなければなりません。秋まで待たなければならない訳ですね。また来てみましょう。