<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

カエルとガマズミ2020/11/17

浅間山行きの楽しみは風景だけではありません。

保育園から風車の丘までの間に道路上でじっとしているカエルを見つけました。4~5センチくらいで茶色の小さなカエルです。落ち葉がそこら中に転がっていたので普段なら見逃してしまうところ、偶然にも足元に気が付きました。

カエルと言えば、たいていは10~15センチほどのものでしょうが、この稲取では1~2センチの極小のを見たことがあります。あのモリアオガエルが卵を付けた木の下の、農事用の小さな溜池の中で泳いでいました。孵化して間もなくの頃だったのでしょう。体の色は茶色でした。それが成体になると、緑色に変わるのでしょうか?今回のカエルも茶色で小さくても子どもの段階ではなく、立派な肉付きの体をしています。赤ガエルの一種かな?

続いて、風車の丘に上がってからカマキリ。これはかなり大きく、15~6センチはあろうかというほどです。多分、オオカマキリでしょう。例によって、当方に顔を向けたままじっとしていました。

ところで枯れ落ち葉がたくさん道に散らばって晩秋というこの時期、しかし、黄葉・紅葉になる木が少ないせいか、この山では紅葉は目立っていません。その中で赤い小さな実が存在感を示しています。これはガマズミでしょうか。

それから、山頂から下ってゴルフ場側に出たら、サザンカが道の両側に際立っていました。特に白いのが新鮮に映りました。ネット図鑑で得られた知識をここで一つご紹介しましょう。サザンカの名前の由来です。山茶花と書いて「さざんか」と読みます。「やまちゃばな」が「茶山花(ちゃざんか)」→「さざんか」に読み替えられた、ということです。




最後に、ゴルフ場からアニマルキングダムへと下る所に「中の平」への分岐があります。この分岐を少し下ると、これも両サイドにイソブキ(ツワブキ)の黄色い花が並んでいました。これは大分前から毎年のことです。嬉しいですね。イソブキは町花です。もっと他にも名所を作りたいですね。





河津バガテル公園バラ競演2020/10/25

それではバラの花を観て見ましょう。
このバラが強い香りを放っていました。名前は忘れましたが。



           山中のバラ園らしいですね










ツルバラとの競演です






河津バガテル公園2020/10/24



今朝は散歩の足を河津に向けました。ターゲットは河津バガテル公園です。伊豆急の河津駅から1時間弱で着きましたから、そう遠くはないですね。あっけなく着いたという感じ。土曜日とあって、客の入りはまあまあでした。でも、密にはならない程度です。

肝心なバラの花のほうも、一株についてはそれほど密ではありませんでした。秋バラはこんなもんですかね。今日は好天の割には風が少しあって、バラの香りはあまり感じられませんでしたが、一つの種類だけ大輪の花でこれぞバラの香りだというのがありました。名前は忘れてしまいました。

説明員の方が一人だけいまして、数人の塊りの中に入って少し耳を傾けたのですが、専門的な園芸の話が客との間で交わされていましたので、門外漢はその輪から外れ、専ら写真撮影に専念した次第です。

帰りに隣接の「風土の森」を歩いてきました。バラ園の方は三度目の訪問なのに、この森は初めてのことでした。森林セラピーの散歩道というのが町の触れ込みでした。


           河津川と桜並木
           川は透き通ってきれいでした

バガテル公園正門に到着です


ブラシの木2020/10/07



きのう迂回路を通って白田へ出たのですが、途中、迂回路に上がる手前でホテルジャパン稲取の前を通ったら、なんと、ブラシノキが未だ花を付けているではありませんか!さすがにチラホラと付けているだけですが、花自体は非常に新鮮そのものでイキイキと輝いているのには驚きました。

この花は梅雨時に咲くのが一般です。今年の長く暑い夏を乗り切ってきたのですからたいしたものです。それとも、この時期まで咲く品種なのでしょうかね。



オンタデ?2020/10/03

高山植物でオンタデという花があります。2千メートル級の山を歩けば特に珍しい花ではありません。



ところで、伊豆稲取の入谷で一桁違う標高200m位の所に同じタデ科と思える雑草がきれいな花を咲かせているんです。当地に来て間もなく12年になろうというのに、こんなにきれいな雑草は見たことがありませんでした。普段はイタドリ(スカンポ)だとばかり思ってましたから。

でも、イタドリは白い花しか咲かないそうで、きょうは志津摩の海岸通りでたくさんはびこっていましたので撮影してきました。同じタデ科でピンクの花というと、オンタデがその一つということですが、だからと言ってピンクの花がオンタデとは断言できません。さあ、どうなんでしょう?