<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

レンタサイクル2018/07/08

<夕方5時頃、黒根で釣りを楽しむ人たち>
きのうのサイクリストが乗った自転車は勿論ツーリング用のもので、ちょっと持たせてもらったら、普通のママチャリの半分、いや3/1ぐらいの重さでした。これは本体がカーボンブラックのフレームのためです。

ウェアも上から下まで、最新のハイテクの装いで決めていました。彼は自転車の趣味はお金をかければ、100万や200万はたちどころに消えてゆくと言って笑っていました。

そんな贅沢は出来ない年金生活者の私どもにも朗報があります。最近はレンタサイクルが盛んで、観光客の間で車よりも自転車を借りて観光地を回りながらツーリングを楽しむ人が増えてきているようです。乗り捨てが出来るような仕組みが構築されつつあるのも、その理由の一つでしょう。リーズナブルな料金で電動アシストがついた自転車に乗れて、しかも乗り捨てが出来るというのは大きな魅力です。

伊豆の巡礼といえば伊豆88か所霊場巡りと伊豆横道33観音霊場巡りが知られていますが、後者は既に結願しまして、前者がまだ未踏の金字塔です。是非ともこの金字塔をいつかは打ち立てたいと願っています。本来、巡礼といえばどこまでも自分の足で歩いて達成するものです。しかし、現代人にはそれなりの達成の仕方があっておかしくはありません。狭義の礼儀作法さえ心得ていれば、車で巡る“歩き方”でも容認されるべきでしょう。

そう考えてみると、自転車を使った巡礼というのも面白いではありませんか。特に伊豆では山坂が多く、老体の発心だけでは途中でくじけそうな気がします。そんな時に電動アシスト自転車ならば、良き伴侶になってくれそうです。何よりもツーリングを楽しむことができるのです。足で巡って苦労した上での結願には畏敬の念を抱きますが、極楽とともに仏心を追い求めるのも、それなりの意味があると考えたいところです。

線路の保守作業2018/02/06

.
冷たい風が少々あっても、朝の内だと日差しを受けて暖かい。今朝は海岸通りに下りてJAの朝市に寄り、伊豆急線のガードをくぐって下の権現坂を喘いで帰着。途中、トンネル手前で線路の保守工事をしていました。どうやら枕木の交換作業らしい。頼もしい縁の下の力持ち、転ばぬ先の杖。最近どこかでありましたね、枕木のズレでしたか、事故が。
          伊豆稲取駅のホーム 背景に愛宕山



蓮台寺駅のトイレ改装2017/12/18

稲取港と利島
<伊豆稲取港と利島、新島>
月1回の定期診療日のきょうは、帰りに伊豆急下田駅から蓮台寺駅まで歩いてきました。途中、エディオンに寄ってインクとUSBメモリーを買うためです。下田へ出ると、以前はよく歩いてエディオンやハンディHCで買い物しました。

ところで、蓮台寺駅のトイレが一新されていたのが嬉しいですね。すべて洋式に替わり、しかも部屋も十分な広さが確保されていました。駅員さんに聞いたら、つい数日前から利用できるようになったそうですからラッキーでした。

お客さんを呼ぶにはこうした“ライフライン”の整備が先ず大切ですね。すべての駅で狭くて不便で汚いトイレのイメージとはお別れしたいものです。

”仏滅”2015/12/18

伊豆北川駅頭から
今日は散々な日。私にとっての仏滅でした。先ずはバスにまだ間に合うとて、あと10分の余裕を急ぎ、“準備万端で”バス停へ。間もなく乗ったバスの運転手君曰く。「このバスはアニマルキングダムゆきです、よろしいですか?」

今朝の行き先の伊豆大川方面は既に時間が過ぎて、次は1時間半も待たねばなりません。充分承知しているはずの行く先時刻を勘違い。

仕方なく電車で向かうことにして、電車の割引証を手にすべくひとまず戻ります。ところがこれがなかなか見つからない。前回使用した時のジャケットのポケットにない。探し回った挙句に女房殿に、加勢を請うと、何と先ほど探ったジャケットのポケットに入っていた。

このジャケットは胸ポケットしかないのは良いとして、左右にあるのを忘れて片方しか探してなかった、というドジ。電車の時間ぎりぎりで稲取駅まで急ぎ、首尾よく乗車して北川駅で降りました。目的は北川から大川まで旧道を歩いて浜に下り、露天風呂に浸かってバスで帰るという半日コース。

無人の北川駅から少し下って鹿島神社に参拝し、国道135号に架かる陸橋を潜って坂道を上り旧道に出ました。旧道まで上がると、北川の温泉街や港が一望できます。ところが、カメラのシャッターが切れなくなりました。電池切れ!

もう、きょうはこれまでと、大川のバス停へ急ぐも、僅かな時間差で乗車出来ず。それなら電車でと急げば、まさに到着寸前。大汗かいてやっとの思いで乗車出来たのでした。露天風呂に入るという目的も果たせず、散々でしたが、終り良ければすべて良しとすべきかな。

ドライブ2014/08/15

湯ヶ島の昭和の森を訪ねて孫たちのドライブに便乗しました。私どもは久しぶりのドライブです。例によって、コンビニでお弁当を仕入れてGO

 

天城峠を過ぎると、間もなくで「道の駅」に到着。しかし、孫二人は車中で仮眠。しかも、遊歩道を歩くには少し無理な行程とわかり、414号をそのまま北上。

 

浄蓮の滝を過ぎて、当然にもどこも観光客でいっぱいなので、船原峠に回り込んで西海岸を南下することに急きょ決定。田園風景がつづく道中を楽しんだのであります。

 

ところが、狩野川沿いの道が渋滞し始めたために迂回路に侵入したのが運の分かれ目。ついには物凄く急傾斜の山道に入ってしまいました。軽自動車でも狭く感じられる道です。ついに車の能力を超えた斜面で立ち往生。大人3人が下車して辛うじて前進し、峠に出たのであります。車を押さなくても良かったのがせめてもの慰め。

 

虹の郷
.
その後、いつの間にか修善寺の中心部を走っていることがわかって驚きました。ここまで来るのでしたら、あそこもここもと、寄りたいところがたくさんあったのに、今回はドライブが目的です。結局、「虹の郷」で昼食と相成り、ゆっくりしたところで、達磨山高原から西海岸に回り、土肥温泉経由で松崎街道を走って稲取へと戻ってきました。

 

恋人岬
.
今回は特に特筆するほどの訪問はなく、ただドライブを楽しんだ一日でした。