<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

ヤマハンノキHWで秋を満喫2018/11/11

急に思い立ってヤマハンノキHWを歩いてきました。

アニマルキングダムの入口では大勢の客が入場待ちしてました。ここの自販機で飲みものを仕入れてからスタートです。

 

ゴルフ練習場の入口まで上がると、道路上でツワブキの歓迎を受けました。以前、こんなにたくさん咲いていましたっけ? そして間もなくゴルフ場分岐からヤマハンノキHWに入ります。ゴルフ場の縁を行く道のことです。ヤシャブシの街道です。

 

左の青い木はヒマラヤシーダー(?)、右の枯れた木はいつもここを通るたびにメタセコイアは健在なりと思っていたのですが、今回、写真を拡大したらイチイの木の葉っぱと同種とわかりました。大体樹形がメタセコイアそのものですね。

 

つづいて楽しみにしていたユーカリの木。あらためて見上げると20メートルはありそう。この辺は風倒木の心配はないようですね。近くに剥がれた皮が落ちていました。ユーカリの木はこの時期、木肌がスベスベです。

 

ロウクチを過ぎてサクラの別荘に到着。さくらの古木が2本枝を伸ばして情緒たっぷり。ここを右に回り込むと、菖蒲沢の橋を渡っていよいよ竹林です。というのは、その向かい側の土手に土アケビの赤いソーセージが期待されたからです。でも、残念、今年は見つかりませんでした。

 

間もなく佛原の四辻です。約1時間かかりました。今回はスローペースです。左があの“シイの古木”伝説のあるお宅へと通じます。右の道は間もなく中の平に出ます。今回は直進して三本松を通り、コランデセリジエール旧別荘地を横断してゆきます。

              もうだいぶ朽ちかけています

大洞峠に出ると今日のノルマは終了です。この峠のオリーブ畑では既に収穫を済ませたようです。帰りに、途中の農家の方から聞きました。さて、水乗りの方ではどうなのかな?今日のセンチメンタルジャーニーは休憩を入れて約3時間半かかりました。




新市場建設工事2018/11/10

.

役場前で工事中の新しい市場は、いつの間にか鉄骨の“棟上げ”まで出来上がっていました。着々と年内完成に向かって進んでいるようです。

 

手前の白線内はトイレ、事務所?




吾妻権現神社2018/11/09

.

権現線遊歩道の写真の必要に迫られ、午前中その周りを歩いてきました。さくら介護前の信号機の所が遊歩道登り口で、ここに大きな看板が立っています。この看板は10年以上も前に地元の山歩き仲間が立てたと聞いたことがあります。この遊歩道を行くと、山中の要所要所に略図が書かれた小さな看板が立っていて、未だはっきり読めるのもあります。「遊歩道登り口」の看板と同色のもので、多分これらも同仲間の方々の労作かと思われます。

 

遊歩道の細い道が大鳥居に近くなったところにイノシシ小屋があります。静まり返っていましたので、最近は狩猟をしてないのかなと思っていたら、突然檻の中で暴れる音がしました。大柄なイノシシが一頭、檻の金棒に体をぶつけては引っ込んだりして、当方を威嚇しています。しばらく様子を見ていましたが、シャッターチャンスがなく残念ながらバイバイです。

.

 

大鳥居の先は細い石段が続きます。落葉や、風に千切れた木の枝などが散乱していて、急な石段は余程気を付けないとバランスを崩します。この上のミカン農家の方が神社の祢宜をしていると、ご本人から以前お話を聞いたことがありますが、今がちょうど忙しい時期でしょうね。ならばと、半日もあれば石段の清掃はできると思うのに、なかなか決断できない我が身が恨めしい。


 

確か4百段前後を数えたはずの石段もようやく上り詰めて吾妻権現神社拝殿に到着し、額ずいて無事の到着を2礼2拍して感謝。実はきのうが当地稲取の地を踏んでちょうど10年満了日でした。今朝は11年目のスタートの日だったのです!

 

その後はツリーハウスや芝生広場を経由してミカンワイナリーから稲取高校脇を下って帰宅。計1時間半の遊歩でした。




ナナフシ2018/11/07

ナナフシ

先日、ナナフシを見つけたのを忘れてました。朝9時ごろのことで、稲高近くの3本松のあたりで道路の中ほどにいました。一緒だった隣人がそっと手でつかんで道路わきの草むらに移動してくれました。

8年前の10月に伊豆東部病院の薬局前でやはりナナフシを見つけたことがありました。最初は何かの小さな小片に思えたのが、たまたま少し動いたので目に留まりました。今回はカマキリかなと、小さいながら目に留まってよくよく見たらナナフシだったというわけです。
http://taakesan.asablo.jp/blog/2010/10/04/


今回のは前回のよりやや小さく7~8センチくらいの長さでした。名前はまだ分かっていません。

山あいの合唱団員募集中2018/11/05

奈良本の図書館で行われた東伊豆町教育委員会主催のコーラス教室(講師 榎今男先生ご夫妻)は昨日全日程を修了しました。全8回のレッスンでした。

教材楽譜は
先ず発声練習用のコンコーネの「五十番練習曲」から1、2,3,5番、そして
「夏の思い出」、「白い色は恋人の色」、「エーデルワイス」、「一週間」、
「モスクワ郊外の夕べ」、「誰かが口笛吹いた」、「小さな木の実」、
「君をのせて」、以上の8曲でした。

全8曲すべてを習得するには僅か8回のレッスンでは、私にとっては無理でしたがコーラス全員に対する先生の評価としては、合格ラインが100点中、50点とすれば50点スレスレが幾つかあったとしても、他に70点、80点の高得点を頂いた曲もありました。

毎回の発声練習はタフで、肺活量をフルに使った運動にも匹敵するものでした。おかげで少しは声が出るようになり、日常の生活範囲内の会話でも従来のかすれ声が著しく改善出来たのを感じています。

来月からは「山の合唱団」として月2回のレッスンがあらためてスタートすることになっています。私も参加させていただくことになりました。コーラスが素人の私もすっかりその魅力にとりつかれました。とにかく楽しく、また間違っても堂々と声が出せるというのが、このコーラス教室の最大の魅力です。興味あるなしにかかわらず、皆さんもどうか参加してみたら如何でしょうか。

なお、下記URLをクリックして当ブログでのコーラスの内容をご覧になってください。
http://taakesan.asablo.jp/blog/2018/08/27/8951125
http://taakesan.asablo.jp/blog/2018/09/09/8958481
http://taakesan.asablo.jp/blog/2018/10/15/8973395
http://taakesan.asablo.jp/blog/2018/10/22/8979646