<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

図書館通りのサクラ2020/02/22

昨日は図書館の音読教室に参加。楽しみはサクラ見物でした。
.
図書館の駐車場 晴れていれば天城の山が左右に連なっています。
.
昨日はバス停片瀬(マップの1)で下車し、峠路を上がって行きました。以前に一度だけ上がったことがあります。このルートはいつも下りで利用しており、考えもしなかったのぼりの苦労を思い知らされました。稲取の長坂級の坂です。これならバス停坂町から上がった方がずっと楽だったでしょう。
.
           やっと、峠(3)が見えてきました。
.
          左から上がって、右に下ります。前方はゆるい尾根道です。
桜並木がここ(5)から始まります。
このベンチの所は蟹が杜ポケットパークだそうです。ひと休みできます。
.
この先を歩くと、満開の桜並木が迎えてくれました。
.
中は、ポケットではなく、広い公園そのものです。
この公園の右隣りが図書館の駐車場。
.
2階が図書館で、1階は東伊豆町役場の熱川支所。
.
玄関ロビーは右側の通りに面しています。






天王さんの雛段飾り2020/02/20


東伊豆町稲取で今年も「雛雛段飾り」が始まりました。

天王さんに下りてみると、大勢の人が坂を上下しています。去年駐車場が本殿脇に完成たことから、大鳥居まで下りて帰りに上がってくる人たちもいました。海岸通りの方から介護された車椅子の人も。このスサノオ神社の雛段飾りは結構人気があるようです。三島神社でも同時に雛段飾りが始まっていました。

.
.
                    <こちらは足湯> 
ヤオハンで買物を済ませた後、文化公園で昼食。ここのサクラは半分満開で他は緑が濃くなっていました。サクラが終われば、次はハナモモが派手に盛り上げてくれる。公園入口では露店も幾つか出ていたし、雛の館も訪れる人が少なくない。

*** 
「雛段飾り」は3月10日まで
「雛のつるし飾り祭」は3月31日まで





久し振りのひらなみHW2020/02/18

きょうも少し風が強かったのですが、午後になって幾分収まってきたので「ひらなみHW」を歩いてみました。

先ずはクリーンセンターに上がって、農免道路をゆきます。ゴミの最終処分場の裏山で工事が再開されていました。あの4号鉄塔手前の、この辺では一番高い所にあって景色抜群の場所です。クロカンコースの方が一段落したのかな?


それから、”大洞峠”手前の洞川に橋がかけ渡されました。この部分の竣工は看板によると3月下旬のようです。この辺りを「ひらなみ」と言うそうですから、「ひらなみ橋」と命名されるかも知れません。
.
.


今回は”おおぶら(大洞)峠”に上がってから、天城入谷道の手前で従来の山田一族の谷への道を選びました。そしてその後は”稲取アルプス”に廻って帰宅。いずれもミカン畑からの大島の絶景を楽しみました。
        稲取アルプスより稲取港と大島


迂回路からクロカンへ2020/02/16

稲取水系第2中継場に上がれば新白田トンネルまでは遠くない。先ずは下界の風景を楽しんでみよう。
                 白田川の河口と”海防の松”

       万二郎と箒木山
                                     奈良本の台地
.
先ほどの隧道の出口がこの画像の中ほどの更地で、風車の丘への道を探して周囲をウロウロしたことも一度や二度ではない。
.
当時は赤土を晒していたが、今は草木に覆われたままだ。
.
大倉橋が前方に。
.

新白田トンネルが見えてきた。
.
稲取側のトンネル口と、右の道はアスド会館へ
.
   白鳥農園の入口を左に見て、
.

次いで、稲取保育園
そしてクロスカントリーに到着です。
マピオンのMAPのキョリ測で全行程ほぼ9キロのウォーキングでした。




旧道から迂回路へ2020/02/15

峠路から旧道に下りたあとは迂回路に上がって稲取へと歩いて戻ります。
.
旧道に出た場所には広場(MAP4)があり、車の駐車はかなりの台数余裕がある。いつの間にか手すりの付いた遊歩道が伊豆急線路の方まで続いている。磯に出るにはそのトンネルの上を通らねばならない。危険なので一般にはやめた方が良い。


広場から埋まったトンネルの方を振り返ってみた。
.
電柱のラインが国道で小さな施設の左にトンネル口がある。下の石垣のどこかに広場へ下りる石段があったように記憶しているが・・・。

歩き始めてからもう一度振り返ってみた。
.
間もなく「弘法の清水」に立ち寄る。大師像は白田の東泉院の裏手に移された由。
そして相変わらずその近くに清水が流れ落ちていた。道の反対側に町の水道施設。
.
旧道はこの先で現国道に合流してしまう。暫く車道を注意しながら歩き、海側の垣根の切れ目を見つけて伊豆急線沿いの道に下りた。
.

そして間もなく白田の船揚げ場に到着。
堤防には釣り人の姿があった。
.

賽の神様から再び国道に出て、東泉院の脇(MAP5)から迂回路を目指す。
.
台地に上がって振り返る。
.
ほどなく、前方に東京理科大の保養所が見えてきた。
.
この先は山懐に入るが、東北方面に天城連山が慰めてくれる。誠に片瀬白田地区は美しい景観に囲まれた理想郷だ。
.
そして、急坂を暫くの我慢で迂回路に着く。
先ずは懐かしの小さな隧道。この中を歩いて迂回路の真下を潜り、道の山側に出たのだった。当時は探検意欲満々だった。

これはその入口の前にある迂回路に面した水道の稲取第2中継場。
そして遂に迂回路(MAP6)に出た。