<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

中の平の田圃2020/07/04

<2枚の田圃>

昨日、ヤマハンノキHWを歩いた帰りに中の平に廻ったら、田圃の水路をチェックしているオーナーの姿がありました。この水路はあの立派な貯水池からではなく、その脇の川から取っていると言ってましたから、多分、熊口からか、ゴルフ場からの水を集めたものなのでしょう。この水が涸れたら貯水池からの導管を開けてもらうことになっているとのこと。梅雨もこれからが本番です。荒天が続き、雨風が強まってくると水のコントロールも難しくなります。へたすると流されてしまうこともあり得ます。そんなことが無いよう祈りたいですね。

 

ただ、この貯水池も中の平の田圃造りで建設費の多くを注ぎ込んだ歴史があったそうですが、竣工以来、年を重ねて台風などの被害を受け、補修の必要に迫られているようです。業者が決まれば、直ちに工事が始まることになっているとのことでした。 

この方の田圃は610日の田植え後、順調に来ていると聞きました。シシの被害については金網の垣根を四方にめぐらしているので現在は殆どないそうです。しかし、シカについては油断がならないと言います。1mほどのこの垣根では簡単に越えられてしまうでしょうね。 

ところで、もう一つの田圃について見当を付けていた場所にはないことがこの方の話で分かりました。実はハウスとハウスの間にあって、そこまで足を運ばなければわからない場所にあったのです。現場に来てみると田圃が一枚だけ、青々とした苗が列をなして満々と水を湛えた田圃の中に浮かんでいました。前の方と同じ頃に田植えを終えたものと思われます。

上の写真の手前のこんもりとした林の中に弁天さんがありますので、久しぶりに参拝してきました。立派な祠です。ただし扉は締まっていました。




ソーセージの誕生!2020/07/03



あのツチアケビの花は今頃どうなったかな?今朝は思い立って”ヤマハンノキ”HWを歩いてみました。午後からは雨の予報で午前中は曇空、時々薄日が差してこの時期は絶好のウォーキング日和です。

先月、花を見つけてから約2週間が経って、さすがに花は僅かに残るだけで、何と、あの”ソーセージ”が誕生して成長しつつあるではありませんか!ツチアケビの実は秋まで待たないと見られないと思っていたのでビックリしました。


よく見ると、花を支えている長い白い”首”があの赤茶色のソーセージ風の実になるんですね。結実したものはウインナソーセージくらいの大きさですから、それを支える部分も一緒に成長しなければなりません。秋まで待たなければならない訳ですね。また来てみましょう。



ニューサマーオレンジ2020/06/29

伊豆のミカンは今やニューサマーオレンジが主力になっているようですが、このミカンにしても、これまでに数々の品種が誕生したお話のひとつをミカン農家のOさんから聞くことが出来ました。

もとはと言えば、日向の国で夏ミカンの木から突然変異でニューサマーオレンジが誕生したことから始まります。酸っぱさはもとより、甘さも凝縮した若い人に受けそうな味わいが魅力だったようです。

そこで農協ではこの品種の改良が幾度となく繰り返され、例えば、青っぽいニューサマーから、赤っぽい品種がより一層魅力的なはずだと奨励されて農家はそれに従ったところ、裏目に出た話が残っているということです。

温州ミカンや青島ミカンなどは、その地味な味わいが昔から人気を保っている理由でしょうが、おかげでミカン農家は今や7種類も8種類もミカン畑を管理せざるを得ないと、Oさんは云います。ただ、それによって、例えば収穫の時期がある程度ずれて続いてゆくことなど利点はあるのでしょうが。

少し小高い所からざっとミカン畑を見渡すと、緑一色の中にアマナツミカンの木が少し目につきます。夏ミカンにしては未だ成長途上の大きさに見えます。しかし、意外なことを耳にしました。この木を残しておくと、ニューサマーオレンジの受粉が促進される、というのです。

「親の夏ミカンは自家受粉出来るのに、その子であるニューサマーが自家受粉出来ない」と、だいぶ前にOさんから聞いたことがあります。それなのに、この話です。自然界は不思議なものに映りますが、科学的な根拠はどこかに潜んでいるのでしょうね。

アガパンサス2020/06/27


稲取でも今どこへいってもアガパンサスの花が咲いています。この地で最初に見た時は随分立派な花だなあ、と感心したものです。うっすらと紫色をしていたのが、そう思わせた原因かもしれません。

でも、この写真の花は、光線の具合にもよるのでしょうが、少しグレーがかっています。それでも毅然として見えるのは花自身が相当自信を持っているからではないでしょうかね。

ソーラー ガーデンライト2020/06/23

先日、散歩の途中、民家の庭の入口にチューリップのようなものが2本立っているのに気が付きました。ご主人に聞いてみると、ソーラー・ライトだそうです。真上から見たら、なるほど5センチ四方くらいのソーラーパネルが付いています。
彼の話では、スイッチを入れておけば、日中、太陽光を受けて蓄電し、夜間、自動的にライトが点灯するということでした。

林の沢の市民農園では一昨年に発足して間もなく、ある区画に50センチ四方ほどのソーラーパネルが設置されていました。また、それよりも大分前から畑を猪などから守る電柵が普及し始めていました。でも、ガーデンライトまでは思ってもみなかったのでビックリです。

調べて見ると価格は1,000円台の低価格のものまであるので、ガーデニングが注目されている昨今、これから普及するのではないかと思われます。