<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

動物園予備校2020/09/17

動物園に予備校なんてあるの?
東伊豆町のアスド会館が売却されて民間の手に渡り、その後リフォームされ学校として再出発することになって、開校式も行われた話は伊豆新聞で知っておりましたが、きのう新白田トンネルを通った時に真新しい看板を見て再認識いたしました。

当方としては2017年度から2018年度の2年間、この旧館のアスド会館に町の健康講座の受講で通ったことがあるので、それなりの感慨はあります。その看板には「動物園予備校 アニマルキーパーズ カレッジ」とありました。ロゴマークはいろいろな生き物を集めたユニークなデザイン です。

大学ですから活気があふれたキャンパスだろうと想像します。許されるなら、もう一度玄関にお邪魔したいものです。
左が新白田トンネル 右の道を上ってゆくと旧アスド会館、即ちアニマルキーパーズ カレッジ

シシの親子が!2020/07/11


<前方に動く物体発見!>

<ウリボウ4頭だ!>

急な坂を上がり小屋の前を通過しようとして顔を上げた時、前方に何やら動く物体を発見!一瞬、緊張したのであります。目をこらすと、どうやら猪のようです。素早くカメラを構えました。たいてい敵は気配を感じて逃げ去るはずです。ところが、少し距離があるせいか、得物探しに夢中です。最初は1頭の子連れ親子に見えました。実際は、シャッターを押している間にウリボウは4頭いるとわかりました。



子供が4頭とわかった時点で、手前のウリボウが当方の存在に気が付いたようです。直ちに左のガケに寄っていきました。カメラのスイッチも何回か押せたので、あとは当方の身の危険を回避しなければなりません。そこであるったけの声を出して、追い払いにかかりました。安全にそこを通してくれと願いながら。

すると、漸く気が付いた親シシは最初に逃げたウリボウを追うように左側のブッシュの中に消えました。ウリボウの残り3頭も親を追って消えたのであります。雨上がりの午後4時頃のハプニングでした。


過去11年あまり、この坂道を歩いて動物と出会ったのはシカ2頭とこの子連れ猪だけなのはちょっと少ない気がします。クロカンコースやその下の芝生広場にはシカの糞が至る所に見られますので、やはり夜間帯に多くが出没するのでしょう。

夕方、サルに遭遇2019/03/19

  <先ずは1頭が姿を現して、この垂直に近いガケをよじ登りました>

.

夕方5時半頃に黒根の坂を下っているとき、前方50mメートルくらいの所を横断しているサルを発見。先ずは1頭がガケをアッという間に登って姿を消したあと、もう1頭が後につづいて飛び出してきました。このサルはガケ際で止まって私のほうを一瞥する余裕がありました。しかも暫く座り込んでこちらの様子を注視しています。その後、やはり最初のサルのあとを追ってガケをよじ登って茂みの中に消えました。

.

.

 

どうやら、後からのサルの方が先輩格のようです。或いは親子の関係なのかな。子供を先にやって、親の方は後からというように。それにしても、ガケをアッという間に登ってしまうところは実に見事でしたね。

 

夕闇が少しずつせまってきたこの時間帯に突然、サルが姿を現したことに驚きましたが、ようやく日も伸びて暖かくなってきたこれからは気をつけねばなりませんね。ボーっと歩いていると、誰かさんに叱られそうです。




微笑ましい光景2018/12/28

.

今朝は久しぶりにおサルさんの登場です。2頭が寄り添っており、よく見ると、どうやら母ザルが子ザルの毛づくろいをしているようです。動物園やテレビなどではよく見る光景ですが、写真に撮ったのは初めてのことです。

市民農園をひと回りして国道を横切り、マンナスカフェーから天王さんの大鳥居へ向かって二つ目の角を曲がった所の右手前方、以前、サルを捕獲する目的で設置された檻があった所です。

サルは人の姿を見つけると、たいていは逃げるか、たまに攻撃的ですが、今朝は小春日和の穏やかな日だったせいか、それとも親子だったせいか人を気にすることはありませんでした。
.



おサルさんのお出まし2018/11/23

            黒根の坂から大島

午後3時過ぎて散歩に出ました。唐沢のセイジョーを回り込んで黒根の坂を下り、黒根橋を渡って本日の散歩もこれで終わりと思った時、トンネル入り口の山からガサガサと音が聞こえてきました。見上げたら思ったとおりおサルさんのお出ましでした。

             白い円内にサル

.

.

 

トンネルの屋根のところで、こちらの様子をうかがっています。他でもガサガサ音がしてますので仲間がいるのでしょう。深入りすると何をされるかわかりません。いい加減でそこを離れると、すかさず手づる足づるを伝って下まで降りてきました。さすがに見事な身のこなしです。いつの間にか2頭が並んでコンクリートの上の何やらをさがしまわり始めました。

 

日中は日が当たって暖かだったのが、日がかげると風が冷たい一日でした。先ほど物陰にジョービタキをこの晩秋で初めて確認しました。おサルさんもこの時期になると、エサの確保が難しくなるのでしょう。しばらく姿を見なかったのですが、今後は注意しないといけませんね。