<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

ソーラー ガーデンライト2020/06/23

先日、散歩の途中、民家の庭の入口にチューリップのようなものが2本立っているのに気が付きました。ご主人に聞いてみると、ソーラー・ライトだそうです。真上から見たら、なるほど5センチ四方くらいのソーラーパネルが付いています。
彼の話では、スイッチを入れておけば、日中、太陽光を受けて蓄電し、夜間、自動的にライトが点灯するということでした。

林の沢の市民農園では一昨年に発足して間もなく、ある区画に50センチ四方ほどのソーラーパネルが設置されていました。また、それよりも大分前から畑を猪などから守る電柵が普及し始めていました。でも、ガーデンライトまでは思ってもみなかったのでビックリです。

調べて見ると価格は1,000円台の低価格のものまであるので、ガーデニングが注目されている昨今、これから普及するのではないかと思われます。

ふれあいの森の秋2019/11/26

親水広場からツリーハウスとその奥に芝生の広場>

昨日、水乗りのクロスカントリーコースに上がったら、殆どのサクラが葉を落として冬を迎える準備は出来たようでした。その下の芝生の広場の周りのほうが全体に未だ黄葉に彩られておりました。

更に、ミカンワイナリーの前のコースを展望テラスへと逆回りして、紅葉を楽しむことが出来たのはラッキーでした。季節は大分進んでいます。

.

                 ”クロカンコースの心臓破りの坂”
                     第2駐車場の近くで
.




灯篭流し2019/08/19

旧盆の15日の伊豆新聞に書かれていた灯篭流しの記事で、仏壇にお供えした供物や飾り物などを川端で送り火を炊いてから川に流した風習を紹介していました。私も実際に稲取で見たそうした風景を当ブログに載せたことが一度ならずありました。

 

今回確認したのは旧盆の二日後のことでしたが、例年、立派な供物が橋の上に並べられていました。少なくとも3軒が参加していたと想像しています。昔ながらの風習を垣間見て、なつかしい思いにかられました。




稲取岬を歩く2019/07/09

ふれあいの森のコトリのランドマーク
<曇り空の遠望で悪い写真でした>

稲取岬の灯台に上がってその展望デッキで周りの風景を楽しんできました。一部樹木が視界をさえぎっているものの、ほぼ全方向にパノラマが展開しています。ただ、電線が張り巡らされれているのが珠に瑕です。撮った写真を見るとガッカリしますね。

この展望デッキからは北東の方向に秀逸なビューが期待でき、特に“カグラ石”が望めるのが素晴らしい。北または北西方向のビューは、デッキから下りて灯台公園の辺りからの方がすぐれているかも知れません。

他では、稲取岬の最上部に上がってから西へ伸びる背稜を下る所がお薦めです。西に河津の天嶺山、おおみよ、三筋山などが横一線に連なって壮観です。久しぶりの稲取岬ランブリングを楽しみました。

きのうきょう2019/03/11

本日のコースは、上の赤坂いろは坂を上がってクロカンコースに入り、稲取高校の坂を下って天王さんの大鳥居から下の赤坂いろは坂を上がる、結構厳しい坂の上下があって大汗をかきました。
             今朝のクロカンコース ソメイヨシノは未だ
                蕾がほんの少し膨らみ始めた感じ
.
               きのうの雛段飾り 実は最終日でした
                今朝は飾りもなく、訪れる人影なし