<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

浅間山のお狐さま2020/08/14


           浅間山の山頂
今年も浅間山に足を向けました。お狐さまにお会いしたかったからです。
今日の稲取の最高気温は午前中で32.5℃。北東の風が吹いていたので、昨日より多少低く感じられました。それと女房殿の進言で首に巻いた”冷却マフラー”のお陰でしょうか。ナニ、水に浸して絞っただけのあのマフラーですよ。もうひとつ、彼女の日傘を持ち出して差したのも効果あったと考えます。それでも、3時間後に帰宅したときは汗びっしょり。何と、1.5キロの体重減でした。

さて、東伊豆町の浅間山516mの山腹にある岩祠に挨拶した後、いよいよ山頂の祠に到着すると早速撮影に取り掛かります。太陽はギンギラで申し分なし。その分”霊魂宿る”岩の表面は全体に光って濃淡の差を人の目にははっきりと示してくれていません。これはこの時期いつものことです。

帰宅して写真をPC上に広げたら、うっすらと浮き上がってはいました。しかし、数年前に初めて見たのとは雲泥の差です。これでは満足できません。写真を見ると、真影を邪魔する部分が何故あるのか、が疑問点です。黒い影であるべきが、光って白くなったまだら模様が浮き出てしまっています。露出をもっと大胆に出せればどうか。全体が暗くなって細かい点は黒く塗りつぶされるのでは?悲しいかな、私にはカメラ操作の知識がありません。いつもオートで撮影して満足し、写真は記録の意味で充分と豪語している身では写真撮影のテクニックなぞ高根の花。勿論、フリーソフトを使った修正をいろいろ試しても、しょせん原画に限界があっては思うようにはゆきません。
           下が修正を試したもの?!

画面をクリックして拡大し、5本の指で円筒形を作って覗いてみると比較的お狐さまが浮かんで見えます。岩のてっぺんの右三角形が耳で、左向きの影になっています。くびれたところから上が頭部、その下が背中で、岩の右下に薄い影の尻尾。



ここでふと思いついたのはカメラ自体のことです。今手にしているのは比較的軽いキャノンのバカチョンSX710HS。あのお狐様の写真は3~4年前まで使っていたソニーのサイバーショットでした。つまり、それぞれのレンズの差がこういう結果になったのでは、ということです。ソニーのはカールツアイスです。同じオートで撮ったのです。つまり、お狐さまの撮影には手前どもにはソニーのが適していたということです。どうかな?!

2018年の8月にそのサイバーショットで撮った写真はこちら。



浅間山2020/04/15


                     
気晴らしに浅間山を歩いてきました。実は南伊豆の石廊崎~入間の千畳敷を予定していたのを急きょ変更しました。南伊豆で感染者が連日確認されたことと、電車・バスのリスクも考慮に入れたからです。

今日は5月上旬の陽気だそうで、気持ち良く歩けました。風車の丘は風車が故障しているため、危険なので入山禁止となっていることもあって、人の姿は全くありませんでしたが、白田側の入口に向かって下山の際に、軽4輪車が2台続けて上がってきました。
                   グライダー基地と天城山

                     アスド会館と大島                  
      右の山がチウチン山

     グライダー基地から浅間山


         浅間山山頂からチウチン山、アセビの森、ふれあいの森
     アニマルキングダムの大観覧車

    山頂から奈良本の図書館(小学校左のとんがり帽子のハウス)

     浅間山からゴルフ場へ下山の途中で天城山




駐車場から大平山の山頂へ2020/04/05



国道の入口からほんの2,3分で記帳ボックスのある駐車場に到着。車は数台留められる広さです。ここから暫くは右に谷を臨みながら、左の山側の斜面を削った細い遊歩道を上ってゆきます。木段を付けた遊歩道とは言っても、狭いうえに所々で石ざれに木の葉が積もって歩きにくく、滑る危険があるので注意が肝要です。



遊歩道は8割(?)がた木段が敷設されて道に迷うことはなく、最初の部分の谷から離れると、森の中の静かな落ち着いた雰囲気を楽しむことが出来ます。何度か小尾根を左から合わせた所にはベンチがその都度設置されています。

               正面に左 坂戸  右 山頂の標識あり
途中、坂戸から上がってくる道を併せます。この地点には坂戸・山頂の標柱が立っています。そしてまた木段を上って「国道1400m」の矢印標から90度左に曲がります。ここは沢に近接し直ぐに左に離れますが、夏は待望の水場になるでしょう。そこからは最後の急な長い木段をクリアすれば、間もなく山頂です。



            地蔵岳から上がってきたことがありました


            山頂には三角点がありますが白柱がありません 



(註) 赤文字の部分は坂戸・山頂の分岐点と、水場の順序を訂正したものです。

稲梓駅から国道414号2020/04/04


伊豆急稲梓駅は無人の駅です。ガラガラの電車でも一人だけ下車する人がいました。迎える人が一人、そして下の川沿いの道に二人。いずれも同郷のようです。自家用車に乗って去りました。

落合1ごう、2号橋を渡って国道414号に出る間の山際で先年、植物のホトトギスが見つかって喜んだことがありました。当時、私どもには珍しい花だったからです。今回も何らかの期待をしていたところ、シャガが見つかりました。シャガはこの後、”あずさ気まぐれ売店”の近くでも道路際にたくさん咲いていたし、太平山からおりてきた所ではかなり大きな群落がありました。

さて、”あずさ気まぐれ売店”には農家が持ち寄った野菜・果物が並んでいます。飲
みものを買ったついでに係のオバちゃんに聞いてみました。実は途中、”コミュニティバス”のバスストップが幾つか立っているのに気が付いたからです。何年か前に坂戸行きの東海自動車バス路線が廃止されています。

オバちゃんから、このバスは去年から下田市がコミュニティバスとして運用するようになったことを聞きました。下田市民以外の一般の人も利用できるとのことです。もう既にここまでかなり歩いてきました。大平山から下山したら無理せずに、帰りはこのバスの助けを借りることにしましょう。

この先、道がカーブする場所の山際に石仏が数体あって、この道路の拡幅工事に伴いどこかに移転するのではないかと懸念していました。久しぶりにこの街道を歩いて石仏が同じ場所にあったことで、何故かホッといたしました。”村のはずれのお地蔵さんは・・・〽”

カーブを曲がり切って”あずさ山の家”の向かい側道路に看板を見つけました。そこが大平山遊歩道の入口です。看板には山頂まで1900m約90分と書かれていました。



クロカンコースのサクラは2020/03/03

クロカンコースのサクラは今どんな状態か見て来ようと、昨日は水乗りに上がってみました。先ず、赤坂いろは坂を上ってツリーハウスのある親水公園に来ましたが、農免道路の工事が漸く拍車がかかったようで、ショベルカーなどの小気味よい音が鳴り響いておりました。


ひと休みした後、クロカンコースのゴール地点へ向かったら、久しぶりに”いっぺー水”を覗いて来ようと思い立ちました。古い道に入って間もなく現場に到着。丸い貯水槽は相変わらずです。そして弁天さんの祠が大岩の間に鎮座しているのがすぐ見つかって驚きました。
以前はトタン板の下に隠れていたのを思い出したからです。しかも、去年の台風15号と19号によってこの辺も大分荒れたものと思われます。どなたかがこの一帯を整備でもしたのでしょう。水はパイプに繋げたものと、岩の間に短いパイプを差し込んで、そこから落としたものとの2か所あります。昔のように水質に問題が無ければ、貴重な水資源なのですがねー。
.


今回はこの古い道を辿ってクロカンコースの農免道路建設現場まで歩いてみました。ところどころに倒木を片付けた場所があり、ほぼ歩きやすい道になっていたのはラッキーでした。これで道路建設が完成すれば、一味違った散歩、ハイキングコースとしてお薦めしたいところです。
.


帰りに、クロカンコースのスタート・ゴール地点のサクラの枝を撮ってきました。しっかりと新たな芽が誕生してました。今年の開花は例年より少し早めかもしれません。