<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

梅雨空下のハプニング?2020/07/10

今日は、午前中は晴れ間があり、外出にはまずまずの空模様でしたが、ちょっとやりかけの雑事を片付けている間に時間を過ごして、結局午後からのお出かけと相なりました。空模様が少し心配でしたが、晴れ間も覗いています。でも、3時を過ぎてから外へ出たとたんに雨が落ちてきました。しかし、それも伊豆東部病院の脇から墓地の上に出たところで一息ついている間に止んでくれて、さあ、出発です。 

ところがです、いろは坂に入って最初の右ターンの急坂に喘いだところで、何と倒木が目の前に!木の枝先がこちらを向いて道を完全に塞いでいます。左の山側を見ると、ガケ崩れではないようです。隙間はどうか?わずか
に掻い潜れそうな部分はありますが、少してこずりそうです。雨粒が載ってますので濡れるでしょうね。

反対側(右側)の斜面に目を移すと樹間に若干の空間があり、どうやら迂回出来そうです。ゆるんだガケ土に注意しながら、木の枝をかいくぐって回り込みました。再びコンクリート道に出てホッと息をつきました。幹が1メートルくらいの所で折れていたのです。突風にでもやられたのでしょうか? 老木なのかな?
回り込んで、来しかた(先方に向かって下り坂)を見ると、やはり迂回して正解だったようです。
幹が裂けていたんです!

それから更に左に右にのターンを繰り返して2度目の左ターンで前方を見ると、コンクリート道は洗い流されたように綺麗になっています。いつ崩れ落ちるかと常に気にかかるヒノキ林(?)の並びは、その根元がかなり大きく抉られた状態になっています。あと10年持つでしょうか?この道を”憎からず”想う手前どもには”我がことのように”気になります。
木の根元がポコポコとえぐれています。

さて、長大滑り台の着地点がある桜の広場と旧アスレチックスコースを目の前にして、更にクリーンセンター方向へ向かった所でハプニングが待ち構えていたとは、まったく思いもよらないことでした。 つづく


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
山に登るのは
そこに ? があるから (答えは 山 )

コメント:

トラックバック