<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

中の平の田圃2020/07/04

<2枚の田圃>

昨日、ヤマハンノキHWを歩いた帰りに中の平に廻ったら、田圃の水路をチェックしているオーナーの姿がありました。この水路はあの立派な貯水池からではなく、その脇の川から取っていると言ってましたから、多分、熊口からか、ゴルフ場からの水を集めたものなのでしょう。この水が涸れたら貯水池からの導管を開けてもらうことになっているとのこと。梅雨もこれからが本番です。荒天が続き、雨風が強まってくると水のコントロールも難しくなります。へたすると流されてしまうこともあり得ます。そんなことが無いよう祈りたいですね。

 

ただ、この貯水池も中の平の田圃造りで建設費の多くを注ぎ込んだ歴史があったそうですが、竣工以来、年を重ねて台風などの被害を受け、補修の必要に迫られているようです。業者が決まれば、直ちに工事が始まることになっているとのことでした。 

この方の田圃は610日の田植え後、順調に来ていると聞きました。シシの被害については金網の垣根を四方にめぐらしているので現在は殆どないそうです。しかし、シカについては油断がならないと言います。1mほどのこの垣根では簡単に越えられてしまうでしょうね。 

ところで、もう一つの田圃について見当を付けていた場所にはないことがこの方の話で分かりました。実はハウスとハウスの間にあって、そこまで足を運ばなければわからない場所にあったのです。現場に来てみると田圃が一枚だけ、青々とした苗が列をなして満々と水を湛えた田圃の中に浮かんでいました。前の方と同じ頃に田植えを終えたものと思われます。

上の写真の手前のこんもりとした林の中に弁天さんがありますので、久しぶりに参拝してきました。立派な祠です。ただし扉は締まっていました。




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
山に登るのは
そこに ? があるから (答えは 山 )

コメント:

トラックバック