<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

認知症ステージ32020/10/06

今日初めてお会いした方が認知症のステージ3だと聞いて驚きました。30分以上も話をしていて、とてもステージが進んだ病人には思えませんでした。そこで、帰宅して調べたら、S1が認知機能の障害無し、S2は非常に軽度の認知機能の低下、S3は軽度の認知機能の低下、ということでした。なるほどS3程度でしたら他人にはわからない訳です。ちなみにステージ3とは、日常生活で入浴、食事、トイレなどの基本的なものが問題なく処理でき、ただ、計算だとか買い物だとかに多少の難点がある状態だそうです。

S4では中等度で、S5となるとやや重度の認知機能低下となるので、S3までは心配するほどではないということになります。ただ、S3でも放っておけば間違いなくステージはいずれ上ってしまうということです。認知症予備軍(MCI)の位置づけですね。これが進むと行き着くところステージ7で非常に重度な認知機能低下となります。

きょうは久しぶりに水乗りから迂回路に上がってみました。片瀬のちょっとした公園の名前と片瀬の海岸通りの「はりつけの松」に近い橋の名前を再確認するのが今回のテーマです。
稲取第2配水場から白田海岸へ下りる途中、畑の垣根にエンゼルトランペットが元気でした。薄いピンクは珍しい。稲取では黄色以外見たことありません。

新白田トンネルを出て第1、第2ハンノキ沢橋を過ぎて緊張します。先月大倉橋の辺りにサルが群がっていたからです。でも、今回は曇天でもあり気温も低くなってきていたからでしょうか、幸い姿を見ることはなく安堵しました。

そして、その少し先の配水場の手前で下から上がってくる中年の人に出会いました。時刻は3時をまわっていました。稲取の方で、湯が岡に入所している奥様を見舞った帰りだとのこと。それも、殆ど毎日だというから驚きました。

実は、奥様はまだ若いのに認知症だそうで、そういえば、彼もまだ60歳前後のようです。定年で伊豆急をリタイアしたとか。そのうえ、また驚いたことに、彼自身もS3の認知症予備軍だというのです。とてもそんな風には思えませんでしたが。

しかしながら、いろいろ調べて見ると私自身もMCIの可能性が大のような気がしてきました。ガンと同じように初期段階でしたら、少なくとも進行を抑える、スローにすることは可能のようですから、とりあえず病院で検査してもらう必要があります。近いうちに決断できるか、ウーン、自信がありません。

気が付いたら遅くなってしまい、結局今日のテーマはモノにすることが出来ず、繰り越しになりました。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
山に登るのは
そこに ? があるから (答えは 山 )

コメント:

トラックバック