<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

ハサミ石の鳥居2020/05/20

設置は今月だと言っていた鳥居はその後どうなったか、既に設置されたのか様子を見てきました。しかし、結果はノーでした。
ただ、どこに設置するのかというのも興味があり、この点については満足のゆく結果が得られました。展望台から旧国道を西に辿って小尾根が海に向かう入口の部分に大きな穴が2か所に掘ってありました。

実は、先週はさみ石の磯に下りた時に四角いコンクリートが二つ同じような場所に埋め込まれていたのを覚えています。真ん中にそれぞれ穴があったので、以前立てた鳥居の台座ではないかと思っていました。その台座と思われた二つのコンクリートは3mくらいの間隔を置いて埋まっており、鳥居の2本柱の間隔にしては開き過ぎですが、それは多分、あの近海地震の影響だろうと思っていました。

とにかく場所は特定できました。あとは設置を待つだけです。やはり新コロナが終息してからかな?

旧稲取灯台から新トモロトンネル口に下りてきました。

旧国道に下って展望台から右の道に入ります。

海側への下降点が見えてきました。画面の左です。
十字の木片が方角を示していますね。




コメント

_ 岬石 ― 2020/05/21 06:48

私は、トモロ岬の磯に下りる道は、カグラ石に下りる道しかないと思っていたのでこの道は知らず、歩いたことはありませんでした。トンネル横の道も隔離病棟跡の道だけだとばかり思っていて、上の旧灯台に続いていることは知りませんでした。ここから磯まで降り道を知っていれば、一度はロケハンに下りたでしょうが、残念でした。

_ inada ― 2020/05/21 15:21

岬石さんが片瀬に滞在されていた当時は、旧灯台から新トモロトンネル口への道は細々とした、藪の部分の多い道でした。旧灯台の2軒の民家の脇からカグラ石に下る道を少し下りた所に右に分かれる道があり、これが新トンネル口への道です。
それと、旧国道の崩れたトンネルは白田側から稲取側に旧国道をたどって岬石さんも探検なさったそうですが、白田側から数えて2つ目、3つ目の崩れたトンネルは隔離病棟経由で旧国道に下りて稲取方向へ向かえば探検可能です。もっとも、私は2つ目はトライできた思いがありますが、記憶が今ではぼやけてしまっています。

_ 岬石 ― 2020/05/21 19:34

あの頃は、今はもう超有名になった「ヤマイガ」のサイトで、トモロ岬の情報に当たっていました。トモロ岬の旧道の3つのトンネルの情報がアップされています。それと、inadaさんともサイト上の交流のある、南豆のMさんのサイトもよく参考にしました。開拓者さんのサイトもトモロ岬の土地に小屋を建てていた時には、よく訪問していました。このサイトも見ていただけでしたが、北川の望洋公園がアップされていた時に、我慢できずに、コメントを入れたのが、最初でした。

_ inada ― 2020/05/22 10:12

望洋公園の石切り場の情報は嬉しかったです。あんなところにもあったんだなと、早速出掛けたのを覚えてます。当時は大川や北川等、城東地区へもようやく目が開き始めた頃だったと思います。

_ 岬石 ― 2020/05/22 18:17

私が、片瀬白田に借家を借りたのが2010年の5月ですから、今から10年前です。若い時と違って、歳をとるとたった10年前ですが、あの頃は若かったなあと、慨嘆します。
健康回復後のinadaさんの、最近のご様子の元気な取材とアップには、エネルギーを頂いています。
なんか、こんな文章も年寄りくさいかな。

_ inada ― 2020/05/22 20:24

いえいえ、そんなことはありません。私こそ励ましの言葉をたびたび頂き、明日への活力にすることができて感謝しております。
私も当地に来てブログを始めたのが2008年12月ですから、お互いにひと昔が過ぎたわけです。今や体力・知力ともに払底しつつありますが、更にもう”ひと昔”と、欲をかいている次第です。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
山に登るのは
そこに ? があるから (答えは 山 )

コメント:

トラックバック