<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

久し振りのカグラ石2020/05/08


         インディアンの酋長?
今朝は、ふとしたことからカグラ石を思い出し急きょ出掛けてきました。今年の一番の干潮の日は確かゴールデンウィークの後半だったはずという思い込みがあって今年は無理だと決めつけ、いまひとつ気乗りがしてなかったのですが。この思い違いについては帰宅後調べたら、今日の8日、9日、そして10日の3日間が最適だったのでした。

白田峠では珍しくご婦人の姿があって、家の前の掃き掃除をしていました。この方は、はさみ石については豊富な知識をお持ちでしたが、カグラ石についてはご存知なかったと見えて、様子見に途中まで後からついてきました。暫くして、急な下りが始まるとさすがにギブアップしてくれました。それにしてもご婦人にしては好奇心旺盛の方です。

さて、私の方は去年は確か下りてなかったはずで久しぶりの訪問です。やっとロープが見つかった少し先で、この先をたどるとハサミ石側に下りそうだと判断し、一度スタート近くまで戻っています。あらためてルートを追って、やはり同じくそのまま進むのが正解でした。ルートはこの先で左側へ続いていたのです。

その後は特に問題なく無事巨大な岩礁に着地。最後の岩ゴロの下降では以前と少し変った印象があります。年月を経れば当然ですね。
                さあ、ここから岩ゴロの下降です

                カグラ石の全貌が見えてきました

       大島が薄っすらと浮かんでいます

                 ボートが2台遠ざかるところ

カグラ石の”平床”に着地したときにはボートは既に沖合へ 稲取岬灯台が見えます
 つづく

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
山に登るのは
そこに ? があるから (答えは 山 )

コメント:

トラックバック